主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

ツールドフランス2010 第12ステージ

 


ファラーがリタイヤしました、、、

あの若手これから爆発するであろうファラー
スプリント合戦に花を添える
実際このツールでも花を添えてきたファラーがリタイヤ。
なんでや、昨日レンショーに頭突きされたところが痛いのか
とか思ってたらそうだった最初の方に落車して手首を折ったんだった
いや普通にスプリントに参加してくるもんだから
そうか折ってたか ずいぶん我慢してたんだろう
昨日レンショーに進路妨害されたとき
「君ねえ!」とレンショーの尻を叩いたが
あのときに悪化したのかもしれない。多分違う。
序盤の変なステージのせいで
多くの選手達がベストパフォーマンスを出すことが出来なくなった今年のツール
なんというか
コース発表のときに「ワホー石畳があるなんて素敵」
とか言ってそれは本当にごめん。石畳いらん。
ツールには、グランツールには、平坦と斜度だけあればそれでよい。

とか思ってたら
残ったやつらが面白い動き!?
コンタか!コンタがここで行くか!アンディ遅れた!アンディ遅れたかー!とか思ったが
よく考えたらなんでここで行くのかコンタ
後日、最終週の後半で行けばいいじゃない。いけるんじゃないのかヴィノもいるし。
そのヴィノの存在がよくなかったのかもしれない。
去年は不遇なツールを戦ったコンタ
「確かなアシストがいる」という事がうれしくて、うれしくてうれしくて、
思わずアタックしたのかもしれない。
後のステージで少しでもアシストの脚を煩わせたくないばっかりに
自分でタイムを縮めようとしたのかもしれません。
ヴィノ
勝利を狙っていたヴィノを軽やかにパスしていったときも
「ヴィノ君!僕は元気だよ!僕もがんばるよ!」
ってな気持ちだったのかもしれない。

でも、それがいけなかった。






って事にならないように心から祈っています。
l カテゴリー:ツールドフランス2010 l

l ツールドフランス2010 第12ステージ l

ツールドフランス2010 第11ステージ

 

赤いっ

袖が赤いぞっ

そうっ

あれはユキヤ!ユキヤがゴールスプリントでいい位置にいる!

なんとっ

逃げねえなあと思ったらここでくるかっ

きたかっ

行くのかいっ

おいティルゴー

ひけよこの野郎

おいティルゴーっ

ぼけっとしてんじゃねえどっち向いて走ってんだ

チームメイトと並んで走ってんじゃねえ

ひけってユキヤをさあ!!

ユキヤをひけといっている!!!

なーにしてるかなあ

ああっ遅い!

行くのが遅いっ

もっと早くいかんばいけんユキヤは

もー!

相手はカヴェンディッシュやファラーとかぞ

もっとはやくいかんばいけんっ

6位かっ

6位かー

6位なあ。


といった感じのゴールスプリントであった
カヴェンディッシュとかどうでもいいですっ

とはいえ6位じゃないですか上出来じゃないですか
去年のツール、落車があっての5位じゃなくて、
今回は正々堂々の真正面からぶつかっての6位
すごいじゃないですかという声も聞かれますが
たしかにすごいかもしれないが
まあすごいとはおもうが
ユキヤは勝てる子なんですっ
勝てる子に6位すごいねえなんて事をねえ
ぼかあいいたくないんです
ゴール後、日の丸が6位のとこに来ましたね
フースホフトとマキュアンの間ですね
僕は震えるこぶしをぎゅっと握りしめ
「ああ6位、、、?まあまあじゃないですか、、、。普通でしょ、、、。フ、フウン」
ときたもんですねえ
もはや!
日本人が!
ひと桁代に入った程度でね!
騒ぐ時代は終わりを向かえた!
日本人は!勝てる!
そういうことなんですねえ…。

l カテゴリー:ツールドフランス2010 l

l ツールドフランス2010 第11ステージ l

ツールドフランス2010 第10ステージ




やあやあ昨日はあれですねえ
あんまり書くことがね!
なかったですねえ
ウム
去年は第9ステージがこんなんだったから
やっぱりこのなんというんです、ツール折り返しのちょっと前、
まあ学校や会社で言うと昼休み前
一番気持ちが緩むときではないでしょうか

ユキヤがなあ
最初の方逃げようとしていた、
逃がせよなあ。逃がせって。ユキヤは総合とかは大丈夫だって。
大体ユキヤの逃げを容認せずして
一体なにがプロかなあと
ユキヤ逃がして一人前みたいなところありません?
ありませんか。
ユキヤもそんなふうに逃がしてもらってもうれしくない?
なるほど一理ある。

というわけで
ついったーで「書くことないからこれ書いて!っていうのありますか!」と聞くと
まりもといもむしとヤウヘ兄さんとエバンスを書いてください
と言われたので書きました。
ヤウヘ兄さんとは
ヤウヘニ・フタロービッチという去年のベラルーシチャンピオンのひとで
去年のツールの「ランタン・ルージュ」
いわゆるツールの最下位の人ですね、
昔は電車の一番後ろに赤いランタン(ランタンルージュ)をぶら下げていた事から、
最下位の人の事をこういうのですが、それだったという。
今年は出てない。
毎年高い目標を持って何度も挑戦し続ける選手
出たり、出なかったりする選手
彼らは何を思うのかなあと考えながら、書きました。
l カテゴリー:ツールドフランス2010 l

l ツールドフランス2010 第10ステージ l

ツールドフランス2010 第9ステージ



ムホー

まだあれでっせ、一回目の休息日が開けて一日目でっせ、

去年の休息日明けなんていうのは無線使用禁止のテストやってたり
ステージ数で言うと(去年は第9ステージのあとに休息日だった)
第9ステージはミユキさん書く事がないと開き直るようなステージ
であったのにねえ、なんですか今日のステージは。今年の第9ステージ休息日明けは。

第19ステージとかじゃあるまいしっ

色々やりすぎおこりすぎやろうエバンス遅れるし。

コンタとアンディアタックするし。

メンショフとか出てることに気づいたし。

でも個人的にザッツ☆ロードレースだなあと思ったのは
最後の超級の山頂直前でアタックをしようとするクネゴに怒る
それまでずっと集団を引いてきたLLサンチェス
その前でしれっと一位通過して山岳賞ジャージを手に入れたシャルトー

その遺恨が残り文句タラタラのLLサンチェスとクネゴ
ゴール直前でもサンチェス、クネゴに一瞥をかわす。「こいつに負けなきゃいい」といった視線
その前でしれっと勝ってるカザール

人生やね
ロードレースって人生やね

大幅にタイムを失った骨折したエバンス
それでも諦めたわけじゃないエバンスと
最後までそれを助け
ゴール後お互いを慰めあうチームメイト、サンタンブロージオ
話によると去年までクネゴのアシストだったという
人生やねえ
l カテゴリー:ツールドフランス2010 l

l ツールドフランス2010 第9ステージ l

ツールドフランス2010 休息日1


l カテゴリー:ツールドフランス2010 l

l ツールドフランス2010 休息日1 l

ツールドフランス2010 第8ステージ

 


今日はたくさん書きたいなあなんていうことがありましたね

踏んだり蹴ったりのランス

アンディツールステージ初優勝(兄なし)

虹色の上に黄色いカラフルエバンス

ボトルくん

ゴール後の選手誘導のスタッフのオールバックひげイケメンがいた!
あの人は一昨年去年と平坦ステージでしか見なかったから平坦ステージ担当なのかなあと思っていたら、今年は山岳にもいらっしゃった、今年は前ステージいるのかしらねえ

等ですが

ウムでもやはり一番印象に残ったのは
献身的にコンタのアシストとして働くヴィノクロフ。
去年はランスとのチーム内のいざこざがあり
今年はアスタナでやったあエースだと思ったら
ランスのレディオシャックに多くの選手を引き抜かれた上に
エース級でしかもチームに深い影響を与えるカザフスタン人のヴィノクロフがきて
アレーまた僕どうなるんやろーといったコンタドールだったが
ヴィノクロフが以外にも明らかなアシストとしての働きを見せたこのステージ
そしてアスタナのチームとしての強さも強く印象に残ったステージであった
コンタ優遇されとるっ
しかし他のチームとしてはここに付けいる隙があるのではないか
なんとかヴィノにエースを狙わせられないだろうか。
そうすればアスタナはバランスを崩したコインの塔のように
あっけなく瓦解するであろう
つまり
レース中集団内で
「イヤーヴィノはんアシストなんやねえ!よかったわー、ヴィノはんがエースで勝負してきたらボク絶対勝へんもん!コンタ君はしあわせやなーこんな人にアシストしてもろて!」とか言って
なんとかヴィノをその気にさせることが出来れば
その気にさせることが出来れば、、、!
l カテゴリー:ツールドフランス2010 l

l ツールドフランス2010 第8ステージ l

ツールドフランス2010 第7ステージ

 


実は今回のステージはアレです

イングリッシュパブHUB

にて。

ツールドフランスフェア開催中で有名な

イングリッシュパブHUB

でみたのです。

去年も一応はHUBに見に行ったのですが
そのときはまわりの人はロードレースのロの字も知らんような人たちで
僕自身彼らにロードレース魅力を伝えることも出来ず
平坦ステージで
終電の関係上最後まで見れなくて
平坦ステージの最後まで見れへんてどういうことなん!
って感じだったのですが

今回はロードレースが好きな人たちばかりで中級山岳を最後まで見たのですよっ
ラムケバブを食べながら見ました!
ウムーいいものですねえみんなで見るというのはね、ありがとうHUB
ラムケバブおいしい。
ああでもないこうでもない
いやおれはシャバネルには悪いけどロイドに行ってほしい
ロットってテレビ映ってますっけ?
ウムロイドがロットです
あそー。
クネゴですねえ。
ぷすすすすすボクレールが逃げていますぷすすすすす
などと皆さんで他愛もない事を言いながら見るツール
そしてラムケバブ
というのはよいものでした。
なかなかできないですよラムケバブ食べながらツールを見るなんてことは。

なぜかテレビに映るたび場に笑いがおきるボクレール

そして勝利とマイヨ獲得、奪還を一度のツールで二度までもやってしまったシャバネルのノリよう。
シャバネルのインタビュー中に遠慮なく割り込んできて
はぐはぐちゅっちゅする山岳賞ピノー。
両者はクイックステップって言う事でノリノリクイックステップ。
もしここにボーネンがいたら?と邪推してしまう。
以下略
l カテゴリー:ツールドフランス2010 l

l ツールドフランス2010 第7ステージ l

ツールドフランス2010 第6ステージ

 


なぜ言わないクリリン。

なぜ言わない栗村監督。

なぜ言わぬ谷口アナ

なぜ


レンショーで連勝


って言わない。

それだけで

たったそれだけの言葉で、


気持ちってすごく楽になるもんなんやで。

このやきもきした気持ち

「JSPORTSの解説陣なら言うだろう」という

期待感

なぜ踏みにじるんだっ




レンショーで連勝




なぜ言わないっ




レンショーで連勝



















l カテゴリー:ツールドフランス2010 l

l ツールドフランス2010 第6ステージ l

ツールドフランス2010 第5ステージ

 


イヤー

やはりあれだよなあツールは。
いちめんひまわり畑!
ひまわり畑の黄色の中を付きぬけてゆく色とりどりの集団!
カメラが集団に動きを合わせますね、
そうするとまるでひまわりが選手らの周りを駆けまわっているかのよう。
そして草原のすがすがしい緑。空の青。
あとサイロとか城の白とか、、、
あとはあのーアスファルトの黒とか
人の肌色とか、、、

イヤー
しかし泣くとは思わんかった。
おうおう泣くとは思わんかった。
ついつい僕もつられて泣いた。
「泣くかー?」と思いながら涙した。
カヴェンディッシュと言えば皆さん御存知勝ちまくりスーパースプリンターで
去年のツールなんかは妙なバリエーションをおり混ぜてのガッツポーズの連続で
人によったらカヴェンディッシュが勝ちすぎてつまらんと言う人もいるぐらいで
そのカヴ
今年は調子悪かってのこの勝利ではあるものの
まあ勝ちなれてるカヴですから
フウやっと勝てただなあ、まあ本気だしゃこんなもんだあ
ってなもんかと思ったら
表彰台でおいおい泣くカヴに
ツールの勝利の大きさとカヴの純粋さをあらためて思い知りしものなり



アーッ
あとこれ御存知ですか。
このミユキ自転車をねえ英語訳してくだすっている方がおるのですよ。
これで外国人も読めますって話ですね!

http://miyukism.blogspot.com/
l カテゴリー:ツールドフランス2010 l

l ツールドフランス2010 第5ステージ l

ツールドフランス2010 第4ステージ




ヒーホー!

やっと待ちに待ったちゃんとしたスプリントステージ!
やはりこの豪華絢爛たるスプリンター勢のスプリントで!
僕のツールドフランスという世界最高峰のレースは幕を開けるのだった。

そのスプリントで勝ったのがベテランペタッキさんであるというのがまたよい
この混沌としたツールの開幕を
オウレースと言うのはみてっくれだけで見せるもんじゃねえぜ
と貫禄の勝利
みてっくれもかっこいいからもはや申し分無しの10点満点
その後ろにはマキュアンの兄貴もいらっしゃって
僕としては
まあマキュアンに勝って頂けたらなあと思う部分はありますが
いままでの陰鬱な気持ちを吹き飛ばす
よいスプリントにございました。

最後のディーンのもがきすごかったねえ

※ハスホフトはそんなに若いわけではない

l カテゴリー:ツールドフランス2010 l

l ツールドフランス2010 第4ステージ l

1|2|3