主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

ジロデイタリア2011 第11ステージ

 

長い長いゴール前の登りっ
ガドレが先頭に立つと、そのすぐ後ろからホアキンロドリゲスその他。
ねえ
そしてその登りが終わると下りの100メートルちょいといったところ。
そして、下ってすぐぐらいにガッツポーズをしたガドレさん。
それをみたホアキンさん
「ええーっもうガッツポーズするかーっそこでするかーっ行けへんやん、もう俺、前行けへんやーん」
みたいに見えて

うん

そこがおもしろかったなあと思って…。

l カテゴリー:ジロデイタリア2011 l

l ジロデイタリア2011 第11ステージ l

ジロデイタリア2011 第10ステージ

 


いままでのミユキさんなら
「日本人が逃げた」とかいうことになると、ちょっといい話にして
「いい話も書けるんだぜ俺、すごいだろ?な?な?いかすだろ?」
ってなっていたところだが
ユキヤとフミフミが2009年にツールに出場、活躍して以来
「出たらなんかやるんだろうなあ」という
信頼感というか、むしろ、なんもやらんかったら怒るぞ的なことを思って
「オウやはり逃げよったか、あやつめ」ってなもんでして
まあ「はやくフミフミの勇姿を大写しにせんか、風景などいらん」と興奮はしたものの
まあやはり興奮はね!しますけどね!そりゃしますよね!
これ以上、これ以上、を期待できるその姿を、とてもうれしく思います。
l カテゴリー:ジロデイタリア2011 l

l ジロデイタリア2011 第10ステージ l

ジロデイタリア2011 第9ステージ

 

き 昨日に引き続いて。。。

まさかの王者自ら奇襲作戦の連続で見るほうも走ってるほうもてんやわんや
しかしながら昨日はしょうがないにしても
今日は絶対なんかするステージ
コンタ以外のふがいないことよのう
やはり総合を争うにはまだ早い者、なんだかんだいってもう無理なもの、
有力エース級の多くがジロに出てないのもあるだろうけども、
コンタの走りにはドーピング疑惑への抵抗を感じ取った
彼はすでにジロを見ていない、ツールを見ているのではないかと思ったほどである
コンタドールは誤差の範囲内ほどの数値でドーピング疑惑にさらされ
このジロはなんとか出場できたもののツールはどうかなーといった状況
「クリーンな状態で普通に総合を獲った」ぐらいでは「彼ら」は納得しない
目に余る圧倒的な強さで総合を獲ってこそ!
「コンタを出さないなんておかしいよね」という世論を形成せんとするものなり

今年のジロの総合争いは終わった、スプリンターステージもない、
つまらん、と言う人がいるが
それは完全に重大な点を見逃している
楽しめるポイントはまだまだある。
山岳地帯の雄大な風景や
イタリアの美しい街並みなど
たくさん見所がある。。。
l カテゴリー:ジロデイタリア2011 l

l ジロデイタリア2011 第9ステージ l

ジロデイタリア2011 第8ステージ

 

まさかあそこでコンタが行くか!
コンタドールといえば御存知「出たグランツール5連覇中」のコンタドール
今回のジロだって優勝最有力候補であって
いうたら挑戦者たちの動向を後ろから観察しつつ
彼らが動いたら「どれ僕もいきますか、よっこいしょ」ってなもんなはずですが
本来挑戦者たちが「王者」コンタドールにするべき奇襲作戦をコンタがしたもんだから
挑戦者的には「あれはコンタじゃねえ」だの「コンタってアスタナじゃなかったでしたっけ?」だのと相当な混乱があったに違いない。
コンタドール
いいね!姑息だね!

l カテゴリー:ジロデイタリア2011 l

l ジロデイタリア2011 第8ステージ l

ジロデイタリア2011 第7ステージ

 
ギャグマンガ日和へのオマージュ

あのゴールはすごかった、、、
スカルポが「もうひとふみふたふみ」早かったらだめだった。

レースのあやだよなあ

スカルポとしてはかなりショックで歯切れの悪いステージとなったであろう
あ、あとひとふみふたふみで圧倒的なスピード差を持って勝ってたのに、、、
スカルポはまあかなりの経験者だからだから
しかしながらだからこその余裕が今回のスカルポのレースには裏目に出た形で
スカルポ的には昔の気持ちを、デビューしたての頃のスカルポ気持ちを思い出してほしい。

スカルポーニをスカルポという言い方はあまり一般的ではない。

l カテゴリー:ジロデイタリア2011 l

l ジロデイタリア2011 第7ステージ l

ジロデイタリア2011 第6ステージ

 

今日はゆるやかな登りの中での集団スプリントとなった。
登りもいけることで有名なペタッキさん、ここはもらった、カヴ、てめえはさっさとツールに向けてケツでも拭いてろといわんばかりのペタッキさん、
その後ろからまるで刃の如く先頭に飛び出したディルーカさん!
このディルーカさん
これまでにもジロを中心に大活躍し、そのかっこいいルックスからキラーなどと呼ばれファンも多かったが、ドーピングのやつでなんかよくわからんうちになんか出場停止になって
そして今年カチューシャでレース界に復帰したディルーカさん。
僕なんかは自転車乗ってるときがかっこいい選手ベスト3にディルーカさんはいりますから、
なんだかんだいって帰ってくるほうがいいから、いなくなるよりも帰ってくるほうがいいから、
おおディルーカさん!これは強烈!決まったね!と思ったら
おおベントソ、ベントソさんですか、よかったねえ、
まあ僕なんかはちょっとディルーカ対ペタッキイタリア伊達男対決なんかを期待したけど、
まあそれはこっちサイドの勝手な考えであって、
いや全然!全然こちらのことなんかは気にしないで結構です、
ベントソさんおめでとうございます。
l カテゴリー:ジロデイタリア2011 l

l ジロデイタリア2011 第6ステージ l

ジロデイタリア2011 第5ステージ

 

今年のコースを作った人は「今年はよりエキサイティングなジロになるよっ」と語ったそうだ。
年々ジロのコースは悪くなっている気がする。
集団スプリントのステージでゴール直前が細くて曲がりくねってるコース、
ゴール直後に直角カーブとかもあったっけ(ペタッキさんがカメラマンにつっこんだ)
中央分離帯の段差を越えさせるアプローチの高速コーナーもあった。
以前、ジロデイタリア、ミラノのクリテリウムで、コースが危険すぎるとして選手らがレースをボイコットしたことは記憶に新しい。
そして今回は未舗装路の下り。たぶんコース設計者はこういったのではなかろうか「絶対あいつら落車するぜ!笑!」と。
こんなことしてるから有名有力選手が「ツールに集中する」って言うのではなかろうか。
ファンたちが見たいのは選手同士の駆け引き、アタック合戦、単独の逃げ!であって、
トラブルで脱落する選手に胸躍らせるわけではない。
ツールドフランスでも去年は石畳区間が登場し、多くの有力選手がトラブルにみまわれた。
僕はあれがツールを台無しにしたぐらいに思っている。
うそ。そこまでは思ってないかも。
ただグランツールはワンデーレースとは違う。
あるものは総合のために、あるものはエースをアシストし続けるために、あるものは貴重な一勝にかけて、明日、あさって、2週間後、3週間後を目指して、できる限りベストな走りを、張り詰めた緊張感の集団の中で展開しているのであって。
そんな中に、自転車好きの幼児が落書き帳に書きなぐったようなコースはいらない。
それに今のグランツールは未舗装路の山を変速機無しで登ったり、レース中に選手が喫茶店に寄ったり、立食パーティが催されるような時代のものとは違うものだ。そのノリでやられても困る。
ヘルメットが守っているものなんて「頭の半分を衝撃から守れたらいいなあ」ぐらいのもので
それ以外ほぼすべての身体はまったくの無防備の状態で、時には100キロ以上の速度でレースするリスクの多い競技なのかもしれないけど。
危険なコースでそれをやらせるかやらせないか
危険なコースでレースするかしないかはまた別の話で。
こんなところで言ったってしょうがないのかもしれないけど。
コース設定をするときは「ここで選手という人間がレースをする」ということを頭に入れておいてほしい。
彼ら人間はそのレースのために人生をかけてきていて
こけたら血が出るし、骨も折れるということを忘れないでほしい。

l カテゴリー:ジロデイタリア2011 l

l ジロデイタリア2011 第5ステージ l

ジロデイタリア2011 第4ステージ

 

書くことないなあ正直なあと思っていたら
「ぼくやね。。。」とエバンスさんが出場してないのに出てきてくれた。
結局彼が出てきたからどうということはなかったけども、
追悼ラン、レースはせず淡々と走りきるだけのステージとなった第4ステージ。
このことはもちろん現地の人々、ジロが近所を通る!と楽しみにしていた人、遠いけど見に行くかと泊りがけで行ってる人も多いかもわかりません、彼らも知っていただろうけども、
後半のあの急勾配区間であったなあ、すごい多くの人が、それでも観に来ていたのだもの、
自転車好きだなあこの人たちは、まあ僕も結構好きですよ、と思った昨日のステージです。
l カテゴリー:ジロデイタリア2011 l

l ジロデイタリア2011 第4ステージ l

ジロデイタリア2011 第3ステージ

 



ワウテル・ウェイラント

9月に父になるはずだった

26歳
l カテゴリー:ジロデイタリア2011 l

l ジロデイタリア2011 第3ステージ l

ジロデイタリア2011 第2ステージ

 

ハアー開幕した…
開幕しましたねグランツールがね、
やはり僕にとっては血が沸き立つような集団スプリントこそが自転車レースの象徴、
グランツールの象徴的な部分があって、
この退屈だった長いステージであっても最後のこのスプリントで
自転車ロードレースここにあり!などと思った次第であります。

スプリント、スプリンターというのはすごくダイナミックなものに見えますが
しかしながらその実、数センチ、いや数ミリを争うような極限、
ナイフの刃を渡るような繊細な駆け引きがあそこでは行われているのです(想像)

イヤーやはり僕はねえあそこで
「タハハやられちゃいました、やっぱりペタッキさんうまいっす、さすがっす!」
などという選手はあんまし好きになれないなあ
「おめはーッ」
っていう選手が好きだなあ。
スプリンターが、おらあ好きだなあ。。。

l カテゴリー:ジロデイタリア2011 l

l ジロデイタリア2011 第2ステージ l

1|2|3