主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

ツールドフランス2011 第10ステージ

 

去年のジロでのグライペル


それでいいのかミユキ自転車
ジルベールとグライペルはそれでいいんですか。
ロットがミュータントすぎると思いますが大丈夫でしょうか。
ただひとつたしかなことは
ジルベール餅とグライペルは描いていて楽しいキャラであるという事だ。。。
l カテゴリー:2011ツールドフランス l

l ツールドフランス2011 第10ステージ l

ツールドフランス2011 第9ステージ



きな臭いステージを閉めたのはヴォクレール、僕はボクレールって書きたいです
ボクレールのほうが愛嬌あるじゃないですか。。。
ヴォクレールってなんかラスボスみたいだもの、
黒いマントをなびかせて眼が赤く光ってそうだものヴォクレール
まあヴォクレールでいいか
きな臭いステージ、ツール第一週を締めくくったのは
なんの因果かヴォクレールの無邪気な笑顔であった。
レースでは全部のステージでアタックしてるんじゃないのという
積極的で攻撃的なスタイルで見るものを魅了し
レース外
レース外っていうかアタック中以外はのほほん朗らかキャラで
やはり見るものを優しい気持ちにするヴォクレール
まるで個性の宝石箱や〜
そのヴォクレールがステージ勝利こそ逃したものの、
久々のマイヨジョーヌにたいへん満足した様子。
ヴォクレールがマイヨジョーヌを着ることでヴォクレールが集団のリーダーとなる。
この殺伐とした今年のツールを、彼が丸く治めることができるだろうか。
ヴォクレールがツールを変えるのだろうか。
ヴォクレールに期待しすぎだろうか。しすぎだろう。



っていうことでいきなりなんですけど

ride for TOHOKU 

というチャリティーTシャツ(チャリT)のことはみなさんご存知でしょうか。
多分あんまり知らないんじゃないでしょうか。
なにせ昨日今日表に出たばかりですからね!

なにかというとTシャツを売って
そこから原価を引いたお金を東日本大震災に寄付しようといういう話です。
そこに僕も絵を描かせていただきました。
現在マトリックス所属日本ロードレース界の生き字引
プロロードレーサー阿部良之選手とのコラボです!
阿部選手の名言をTシャツにしようと、阿部選手を知る人に阿部選手の名言を聞いたところ
「俺より長く引いてみろ」「あとは下ネタしか思いつかない」という声が聞かれましたので
「俺より長く引いてみろ」Tシャツを作りました。

そのほかにも!
情熱大陸に出ていた人からヒルクライムチャンピオンの人までいろんな人がデザインした
どうも関西のノリですいません的なものからかっちょいいものまで

現在6種類のデザインのTシャツがあるので要チェックですね!
いかにも寄付!的なデザインじゃないのがいい。
現在は

阿部選手の自転車店
AVEL

関西の自転車好きの中で異様な存在感を示すおいしいイタリアンアンドスパニッシュ食堂
タベルナ・エスキーナ

割烹着の拠点!
Bikeworks回転木馬

にて販売中です。
どこに何が何枚置いてあるのかはまあなんか
いい感じのアレで!

なにぶん個人でカッティングシートとかなんやを
なんかうまいことアレして(そういう技術よくわからん)
手作りでじっくりやっていらっしゃることなんで
そんなに一気に数は作れませんが(すでに売切れたりしているという)
ながーくほそーくがモットーのチャリTですので、
あるかなーと見に行くついでにお店にお金落としていってもらえればと思います。
チャリT見に行くついでにカーボンのフレームとか買っていったらいいと思います。

現在は関西のみですが
もしかしたら他のところにも行くかもしれないし、行かないかもしれないし
そんときそんときで考える関西のノリで…
To doリストの上のほうに常に表示しておくなどして、末永くよろしくお願いします。

Let's ride!
l カテゴリー:2011ツールドフランス l

l ツールドフランス2011 第9ステージ l

ツールドフランス2011 第8ステージ

 

今年のエバンスは攻めていく男やで
総合争いではエバンスがぬきんでていて
そうでもなかった。
エバンスとアンディが同じぐらいのところで
コンタドールだけが落車に巻き込まれて飛びぬけて遅れてしまっているのだった
エバンスは最大のライバルであろうコンタドールと同タイムでゴールしてればいいのに
ジロのようななんでもないステージでのアタックでタイムを稼ごうとするコンタ
そのコンタの前に出る!
あたかも最後の戦いをしかけているかのように、コンタだけがライバルであるかのように
男の意地を見せてコンタの前に出る!勝ちたいんや!
結果的にはコンタをはじめ総合のライバルたちはエバンスと同タイム
ハスホフト(スプリンター)も同タイムということで
まったくの無駄だったのではないかという声も聞かれますが
無駄だったということは後の者たちが決めることやっ

今を生きる。。。

今を生きるや!

関係ないけど先週行ってきたなぎなたの世界選手権のことも書きましたので
よろしければごらんください。

第5回!なぎなた世界選手権!姫路!

l カテゴリー:2011ツールドフランス l

l ツールドフランス2011 第8ステージ l

ツールドフランス2011 第7ステージ

 

スプリンター以外のチームにとってはひとまず今日のステージは小休止となろう
と思われていた今日のステージ、落車につぐ落車で集団は大混乱だった
なんなんですかね おかしいなあ普段のツールってココまで落車あったっけ
そんな中で最終局面までほぼ全員を前線に送り込み
完璧なトレインを形成したのはカヴどんHTCであった。
他のチームもいくらかはトレインを作ったものの
肝心の大本命のエースが落車で遅れていたりとモチベーションの低下は否めず!
そしてそのHTCトレインに単身乗り込む(無賃で)スプリンターたち!
そして勝つカヴどん!

l カテゴリー:2011ツールドフランス l

l ツールドフランス2011 第7ステージ l

ツールドフランス2011 第5ステージ

 

今年のミユキ自転車ツールドフランスは意外にもジルベールがすごい生き生きしていますが
生き生きするのはいいが、いいのかこれで
と自問していますが
まあいいんじゃないすか。。。
ジルベールがタレなくなった(登りで疲れてスピードダウンしなくなった)と思ったら
カヴどんもタレなくなっていたという。
登りもこなせるスーパースプリンターカヴェンディッシュといえばもう最強だけども
見た感じやせた感のあるカヴどん。
登りを獲得するために平坦の爆発力を犠牲にしたんだったらどうしようカヴどん。
爆発力があるカヴどんが好きだカヴどん。



あと今日は大阪で行われたミヤザワタカシ(フガシ)との食事会に行ってきました。
たくさんのファンたちが集まった会場で、日本酒八海山を「これはいいこれはいい」と飲みながらいくつものテーブルを回りトークをしていたフガシさんは、あたかもホストの如し
僕もフガシさんの腹筋や肩や太ももからふくらはぎにかけて触りました。
何気ない話の中に選手としての境地をみたり
ここでは書けない話まで聞けて楽しいなあと思いました。


もらったやつ!ボトルとキーホルダー(梅丹本舗のラムネつき)!

あとプレゼント賞品争奪じゃんけん大会も行われました
日本チャンピオンジャージからファルネーゼのキーホルダーまでたくさんのプレゼントをご用意いただきました。
日本チャンピオンジャージが大変ほしかったですがじゃんけんに負けました。
フガシさんはパーを出すといっているくせにグーを出したりするのですよ。
世界にそういないですよパーを出すって言ってグーを出すような人は。
自転車選手ってみんなこんなことするんですかね!!!!
でも僕は二回もじゃんけんに勝つことができました。
二回も勝ったのです。。。

l カテゴリー:2011ツールドフランス l

l ツールドフランス2011 第5ステージ l

ツールドフランス2011 第4ステージ

 

てんこもりだったんだけども
今日のステージはJSPORTS的には野球中継が長くなったみたいでね
ツールの中継が遅くなったんだけども
私ツイッターやっておるんですけど、そこではなんだかねえたくさんの人が「つまらん野球なんかええからツールはよやれ」なんてことをねえ言うわけです
僕はこれを見てなんだかつまらないなあなどと思ったわけです
逆に「チャリこいでるだけの映像毎日何時間もやってるぐらいなら他のやつやれよ」とか言われたら、やはりみなさん嫌だと思われるでしょうし
それを言った人が野球好きっぽかったら野球のばーかなどと思うかもしれません
実際ツイッターでも「なんなの自転車好きの人嫌い」っていうのも見ました
冗談でにぎやかしで言ってるだけの人も多いとは思いますが、本気で他のスポーツはやめろと思ってる人は、自分がそれに興味がなくても他のスポーツが好きな人も尊重しませんか
僕なんかは自転車ロードレースをもっとたくさんの人に見てもらいたいなあと思っているけど
そういうのって そういうところから始まるんじゃないですかね
「自転車楽しいぜ!な!わかるだろ?楽しいんだ馬鹿野郎。わかんねえやつはアホだ!」
じゃだめじゃないすかね。。。

僕も去年ぐらいに野球のアホー的なことをツイッターでつぶやいた気がするけど
今の僕はそう思います。。。

最後になりましたが
上の4コマを順番変えてみます。



おもしろくなるかな?と思ったのですが。。。
l カテゴリー:2011ツールドフランス l

l ツールドフランス2011 第4ステージ l

ツールドフランス2011 第3ステージ

 

あの橋はファラーがひとつ大きな試練を乗り越えた象徴だったのかもしれない。
大方の予想ではカヴェンディッシュだろうと思われていた今日の平坦集団ゴールスプリント
残り4キロ地点ぐらいですでにカヴを搭載したHTCトレインが残り2両となり、
おやおやおや早くないですか、トレイン短くなるの早くないですか、
集団に不穏な雰囲気が漂い始める。
コンタドールとその他、総合争いのチームが少しでもタイムを失いたくない、あわよくば少しでも稼ぎたい、という名目でいつもより多めに先頭に殺到したところもHTCがコントロールを失った一因か。
そんな集団から飛びぬけたのはプレゼンテーションから絶好調、ジャージも新調してさわやかな印象のガーミンサーベロであった。
すべてを手に入れた男ハスホフト(マイヨジョーヌ)を発射台にして飛び出したるはタイラー・ファラー、アメリカの26,7歳のスプリンターであった。
今年のジロでも活躍を期待されたが、ジロの第3ステージで事故死したウェイラントの死を悼み、途中リタイヤしたファラーが、このツールの第3ステージを見事なスプリントで勝利。
ハスホフトをはじめファラーの発射台のガーミンのみなさんはガッツポーズが早すぎてすこしハラハラしたものの
ファラファラしたものの
勝利を確信したファラー、両手の指でウェイラントの「W」と形取ったガッツポーズをしようとしたら
なんか横の人がガッツポーズなんだかくやしがってるのか、半端なジェスチャーをするので
えっ。。。何。。。
とすこし戸惑ったものの、改めて胸の前に「W」をつくり
ウェイラントへの追悼と、これからの自身の活躍を、ツールの地で誓ったものである。
l カテゴリー:2011ツールドフランス l

l ツールドフランス2011 第3ステージ l

ツールドフランス2011 第2ステージ

 


結局何色なんですかねハスホフトは。。。
l カテゴリー:2011ツールドフランス l

l ツールドフランス2011 第2ステージ l

ツールドフランス2011 第1ステージ



ついに始まったツールが。


始まったなあツールが。
私事で申し訳ないけど今年はわりとテンションが低めというか下り基調でありましたが
ツールを見だすと、映像の美しさや風景や巨大オブジェとあと選手のかっこよさとか(とかかよ)にしきりに関心し通しの第1ステージだった。
今年の第1ステージはタイムトライアルではなくて普通のステージレース。
タイムトライアルなら勝つ選手は決まってるところが
今回は初日の勝利すなわちマイヨジョーヌ、その他ジャージもろもろを狙える選手が多いっていうんで、しかもド平坦ではなく中の下ぐらいの登りゴールだっていうんで
やはりゴール直前はいい意味でも悪い意味でも大混乱であった。
勝ったのは今年の初めから調子いいジルベール。ロットのジャージをかっこよく見せている張本人(本人は現在ベルギージャージである)が、その好調をツールでも発揮した形。

そしてもうひとつのビッグニュースが落車でコンタドール(とその他)が遅れたこと
失ったタイムは1分以上、これは初日に失うタイムとしては大きいか。
やる気は大丈夫だろうか。
多分コンタドールならちょっとハンデくれてやった程度かもしれない
むしろおもしろくなってきたぜぐらいかもしれない。
そしてハンデを得たのはエバンス。
エバンスである。。。

l カテゴリー:2011ツールドフランス l

l ツールドフランス2011 第1ステージ l

ツールドフランス2011開幕!!!

 






今日行われたプレゼンテーションの様子です。




ついに始まりましたねツールドフランスが




ついに








始まりましたねえ。。。


非常に趣向を凝らしたプレゼンテーションで


他のグランツールの中でもダントツで異質な緊張感があるというツールドフランス


「こんなこともできるぜ」っていわれているような気がして


「ああーツールドフランスは孤高であり続ける」と何度もつぶやいた次第です


ありがとうツールドフランス
l カテゴリー:2011ツールドフランス l

l ツールドフランス2011開幕!!! l

1|2|