主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

11-12 関西シクロクロス 第7戦 希望が丘 CM1 CL1



ということで
関西シクロクロス2011-2012 第7戦 希望が丘に行ってきました。
去年は朝は雪と氷、午後はすさまじい泥というコンディションとなりましたが
今年はどうかな?
希望が丘に希望はあるのかな?


スタート前緊張感高まる会場(選手らがいるスタート地点は画面外左側)

雪とかは一切ありませんでした。
若干場所によっては水分を含んだ土があって泥っぽくなっているところがあるといった感じ
オープニングレース、9時スタートのCM1を見にコースへ向かうが
駐車場とコースの間に横たわるグランドに入ると、どうもよく聞こえないが聞き覚えのある嫌な胸がおどるリズムが、ビートがわずかに聞こえる、
グランド中ごろまで来ると、がらぱさんの「スタート1分前」の声が。

アアー、しくったもん、間に合わなかった、多分ここらへんにスタート前の選手がいるんだろうと踏んでカメラを向けたところも間違っていた。



一周目は先頭に丸畑選手、その後ろにCM1総合二連覇を狙う大河内選手
両者をひとりづつ見ればいつの季節なのかわからないこの服装の差を見ろ!
続きを読む >>
l カテゴリー:シクロクロス11-12 l

l 11-12 関西シクロクロス 第7戦 希望が丘 CM1 CL1 l

11-12 関西シクロクロス 第7戦 希望が丘 C1



会場では関西シクロクロスオリジナルグッツが販売されていました。
売り上げが世界選手権遠征メンバーに寄付されますから、なんかいい気になりたい時にはぴったりですね!
振ったら音が鳴るパタパタハンド、カンクロータオル、
このタオルなんかはちゃんと水も吸うし実用性もあるおすすめ商品です。



この大会から2012年世界選バージョン応援ピンズも発売されました。
今年以前のピンバッチも若干数置いてあるのでピンバッチマニアの皆さんご注目ください。



お昼ごはんを食べに行こうと駐車場に行ったら、くろんど池でころもちをくれたサンタさん(私服)に呼び止められ、見るとあの袋を取り出してきた。持って来てたのか!そしてまたプレゼントをくれました。
レモン味の飴。。。チョイスがしぶいもの
続きを読む >>
l カテゴリー:シクロクロス11-12 l

l 11-12 関西シクロクロス 第7戦 希望が丘 C1 l

11-12 関西シクロクロス 第6戦 くろんど池 CM1 CL1



ということで

11-12関西シクロクロス第6戦くろんど池


に行ってきました。
当日は大寒波(大きなカンパニョーロではない)が日本を襲い、この奈良県は生駒市のくろんど池、漢字で書くと黒添池もたいへんな寒さに見舞われました。しかしレースはアツいぜ!とか言ったりなんかして、でも寒いものは寒い、特に朝方なんかは肌の外気に触れている部分を鋭く意識できるほどの身を切る冷たさ、そんな中でも朝も早くから集まる関西シクロクロスのみなさん。今回の参加者は500人を越えるということで、駐車場も開場から数十分で満車状態である。



会場にはみごとなコイの鑑賞場やすばらしいデザインのボートなど楽しさあふれる雰囲気で、アアー池の水面にあれだわ、湯気?霧?ができていた。これ寒い時にできるやつやん!アアーさむいもの、こんなところでボートは無理だもの。



黒づくめの男たちにトナカイの角をつけかたを指南されるのぼこんオレンジ一号



そして関西シクロクロス開幕を告げるのは脂の乗り切った男たちの、大人げないような、まあそういうところがまた逆にある意味大人の世界のような、汚いようなきれいなような、CM1のレースだっ。
去年はえーとC2とCL2が朝一で、その次にCM1とCL1でしたっけ、それが、おじさんたちにはうれしいのかかなしいのか、CM1は独立して朝一のオープニングレースになって、「まだ朝が早くなるような年ではない」とかなんとか言いながら、ヘルメットカバーがなくなって去年よりかっこよくなった。

続きを読む >>
l カテゴリー:シクロクロス11-12 l

l 11-12 関西シクロクロス 第6戦 くろんど池 CM1 CL1 l

11-12 関西シクロクロス 第6戦 くろんど池 C1等



これだもの。スタートフィニッシュ地点にはこういうことですので!
売店があって、そこではうどんとかおビールとかも提供してくださって、
左の人の後ろに隠れてはいるものの、隠れている文字はもちろん「お」ですので!
外におでんの什器をだして、寒空の下、湯気とおでんのよいかおりをほわほわさせながら、ことことと煮込んでいるわけです。まいどおさわがせしまーす!



こういうことですので!

まずは厚揚げと大根とこんにゃくをいただきました。
このおでん、食べてみたらわかるが半端な気持ちで出してない。ちゃんと味がよくしゅんでるのだっ寒空の下あつあつのおでんをつつきながらワインをいただく、
あ、右のは自分で持ってきたワインとなります。実は先週の丹波で「あの激坂で一箇所にとどまり酒をいただきながらレースを見るぞ、写真は撮らん」と思っていたのですけど、行けなくて、その鬱憤を晴らすべく、ここくろんど池に酒を持ってきた。
特に何も考えずにワインを持ってきたけど、ここは日本酒であるべきだった。
売店で日本酒(ワンカップ)を置いていたから、変なプライドは捨てて日本酒をいただくべきだったか。



さまよえるツリー。。。
中身は大河内選手となります。中身はサンタのツリーです。
最近のサンタはツリーの中に隠れて潜んでいるのだこわやこわや。。。
「トイレに。。。」とサンタツリー。
トイレにツリーが入ってきたらびっくりして出るものも出ない!



永久階段のおかげもあってコースは結構高い場所まで来る。
上ったものは降りなければなりません。ここくろんど池のもうひとつの名物はテクニカリーな下り区間である。細いグネグネした下り、そしてコースアウトしたら崖。
崖である。怖いっつーの。



そしてこの山がなんというのか非常に砂っぽい山で、ところどころ砂が深めになるところが出てきて、そういうところで必要以上に怖がり、結果的にもっと悪い方向へふらふらしてしまうのが僕です。
横が崖で砂とか怖えーだろ普通!試走の時コーナーの外がバンク状に膨らんでいるところがあって、ふらふらとそこのアウト側に行ってしまって上から下にぎゅ―んと下りるいわゆるトラック競技のバンクの走り方を実践しオーバースピードで次のコーナーで崖に落ちそうになり股間がシュンとして「よし先に行け時くん」ってなもんで、シクロクロスとは人生のようだとはよく言ったもので、悪いほう悪いほうに考えるとそっちに行ってしまうんだな、しかし選手の皆さんの話を聞くとここが楽しいとか口々におっしゃってどうかしてるよ!
続きを読む >>
l カテゴリー:シクロクロス11-12 l

l 11-12 関西シクロクロス 第6戦 くろんど池 C1等 l

2011 全日本シクロクロス ジュニア



奇しくも全日本シクロクロスの前日は皆既月食であった。
真夜中、天頂近くで赤く染まる月は美しく、どこか不気味で
その翌日に起こるなにかを、静かに、きわめて抽象的に、暗示していたのかもしれない―――



あけフフフフフフンございます

全日本の舞台でいうてますけどね、あのシクロクロスシーズンがはじまると、大人たちがちょけていうあの言葉をね、実際今シーズン初シクロクロスなんだからしょうがない。
どうもどうも…
なんでフフフンいうてるのかというと、全日本の三日後に祖父が亡くなりましたので…喪中ですので…「太れよ、太れよ」と言いながらサザエやアワビをすすめつづけるじいさんでした、83歳でした…あっすいません、私事で…あっいやいやどうもどうも、そんな気にしないでください。あっどうもどうも恐れ入ります…

今年の全日本シクロクロスの舞台は滋賀北西部のマキノ高原スキー場となりました。
金曜日に初雪が観測され、どうなるっと心配、いや、期待していたのだけど、見ての通りのコンディションとなりました。山の上のほうは白くなってるねえ、ぐらいです。
コースはというと、ほぼドライといっていい形、長靴とかもいらない絶好のシクロクロス日和?となりました?気温は朝方は寒かったですし、日中も寒くなるというので上下ヒートテックに厚着にカイロを装備したものの、外に出て歩いていたらすぐ暑くなってきたので上着をぬいでカイロも捨てた。



朝日の中で入念にコースを下見する竹之内悠選手
個人的には「辻浦と出れば2位」という印象の竹之内選手、
今年の野辺山(行きたかったけど体調不良で寝込んでいけなかった)では辻浦選手を下して優勝してのこの全日本だ。僕なんかはもうこの時点で「あ、こいつやるな」とか思っていたとか思っていなかったとかどっちなんだいって話で…
この竹之内悠、外からはあまりわからないが、髪にパーマをかなりあててきた。
続きを読む >>
l カテゴリー:シクロクロス11-12 l

l 2011 全日本シクロクロス ジュニア l

2011 全日本シクロクロス 女子



ジュニアが終わると、
レース会場では気持ちはまだまだジュニア世代40代50代のマスターズクラスであった。
見ろこの軽快なジャンプを。



「な?」
とやはり40代マスターズクラスを勝利する三船雅彦選手。
三船雅彦を負かす大人たちは出てくるのだろうか―――

マスターズは特に動かずに一箇所でボーっとしていました
君は写っているかな☆

フリッカー:全日本マスターズ



マキノにも野辺山で話題となった立体交差が設営されました(うそ)



そしてそのマスターズが終わると女子だ!
続きを読む >>
l カテゴリー:シクロクロス11-12 l

l 2011 全日本シクロクロス 女子 l

2011 全日本シクロクロス 男子



女子表彰式からお昼休みを挟んで、いよいよ第17回全日本シクロクロス2011、
男子エリートのスタートがせまる。全日本シクロクロスは2011-2012というべきなのか、2011というべきなのか。
スタート練習をする小坂光選手。



「男子エリートも増えたのーちょっと前なんか50人やそこらだったのに」という声も聞かれたスタート前。今年は76人の選手が参加。



UCIルールでやるレースですので、スタート前にはタイヤの幅を測ります。
それと知らず名前を呼ばれてゼッケン番号を確認してもらって、すぐにスタートラインに向かおうとすると「ギャー待って」とタイヤ計測員の人がタイヤに巻き込まれるというシーンも見られました。
続きを読む >>
l カテゴリー:シクロクロス11-12 l

l 2011 全日本シクロクロス 男子 l

1|2|