主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

2012 ジロデイタリア 第11ステージ

 

ついに折り返し地点を迎えた今年のジロ第11ステージ
僕なんかはジロではスプリントが楽しみですと申しましたが
今年のジロってちゃんとしたスプリント合戦あったっけ?
一回ぐらいはあった?一回ぐらいはあったかもしれない。
今ステージもゴール直前にありえないカーブ
ゾメニャンというのは小学生とかでしょうか
小学生がノートに「うへへこんなコースならむちゃくちゃになっておもしろいぞ」
と落書きしたようなありえんコースで、やはりゴール前には落車、落車寸前の皆さん
こういう「荒れ」は望んでないですけどというように荒れた。

そのようなステージで勝利をもぎ取ったのはなんとあのフェラーリ
第3ステージで全世界の選手の皆さんから非難ごうごうのありえない動きで
大落車の発端となったフェラーリ。
「あん?俺は俺のスプリントしただけだろうが」といったフェラーリ。
そのあとみんなに謝ったフェラーリ。
そこでシュンとするフェラーリではない。
今回の勝利で前回の汚名を晴らしたかフェラーリ。
勝ちたいやつが勝つ!

そんな中ある意味見事だったのがスカイのサムライトレインのもろさ
ゴール直前ベントソとヴィスコンティのアタックに
「ひう」「ぎょっ」「ぎゃふん」という声が聞こえて来んばかりの動揺っぷりで
その後の噂のカーブではオーバースピードでエースカヴどんも巻き添え
シロ〜トか〜とスカイの監督の声が聞こえてきそうである。

思えば月代に毛が生え散らかっている(メットカバーをはずしてエアインテークがでている)今のスカイ
藩士たちが月代にさえ気がいかないほどスカイ藩は没落しているのではないか。
暑くてもカバーをしておくべきであろう━━━。
l カテゴリー:2012 ジロデイタリア l

l 2012 ジロデイタリア 第11ステージ l

2012 ジロデイタリア 第10ステージ



これまでの中級山岳にしては暇だな
これまでかゾメニャン!と思っていたら
最後の最後に世界遺産アッシジのありがたい激坂でよかったなあとおもいました。
ピンクの旗や風船やらで飾り付けられた世界遺産のその街並みに
ジロデイタリアの伝統を改めて感じたのであります。

そんな激坂を制したのはやはり下馬評で一番人気であったらしいホアキンロドリゲス
僕はヴィスコンティを押していました。
なぜなら公式HPのコース紹介の映像を見ていると
ヴィスコンティ〜ディッルーカ〜などという名前が聞き取れたからです。
この公式HPがよくやっていると思う。
ハイライトもイタリア語バージョンと英語バージョンがあったり
アイフォンから見やすいように最適化されているし
ライブ映像(JSPORTSの放送と同じぐらいの時)もきれいに見えたりするので
TVの前におれませんという人はぜひチェックしてみてください

あとチェックしてほしいのは、僕がやっているわけではないのですが
ナイスガイ(会ったことない)が勉強がてらミユキの4コマ英語に訳してやんよ〜
などとやってくれているブログをご存知でしょうか。

YONKOMAMANGA FROM MIYUKI CYCLE

悩んだやろう!悩んだやろう「まげがない」の言葉遊び。。。!
負担にならない程度にこれからもよろしくおねがいします。。。ありがとう。。。

あと今年は妙にぎらぎらなサングラスが多い気がするんですけど
いっつもこんなんでしたか今年のトレンドだろうか
そういうことをいっている4コマでした。。。
l カテゴリー:2012 ジロデイタリア l

l 2012 ジロデイタリア 第10ステージ l

2012 ジロデイタリア 第9ステージ

 


レースも佳境になって集団の位置取り合戦もクライマックスを向かえ
いよいよかという時に集団がちょっと揺らいだ時
先頭のファルネーゼの選手が大きく手を振り上げ集団を鼓舞する様子を
白戸氏が「なあ〜にをやっとるんだとポッツアートが言っています。」
とアテレコし
結果的にはそれはポッツアートではなかったんですけど
いや白戸氏を責めるものではありません、
普通は空撮から選手の判別なんてできるものではありません。
しかし「なあ〜にをやっとるんだ」といえばルパン3世にでてくる銭形警部である。
フフフ
ポッツアートが銭形警部なら愉快だなあ
もうアレはポッツアートだったってことでいいのではないか
それでも誰も傷つかないのではないか
ポッツアート描きにくかったし
そんなわけでこういう形になりましたが

序盤に僕は「ジロはスプリント勝負が楽しみです」と申したかと思いますが
今日のゴール直前のカーブ見ましたか?
これでもかといわんばかりに生粋のスプリンター勢が落車
世の中にはロードレースシンドローム、ロードレース症候群という病気があって
ロードレースを見ていて、誰かを応援するとその人に良くないことが起こる
自分が願ったことはすべて良くない方向へ向かうのではないか
そう思ってしまう精神的な病ですが
決してそんなことはなくて
悪いのは選手個人、もしくはゾメニャンでありますから
無用な心労は無用ですので。。。

ウッ
l カテゴリー:2012 ジロデイタリア l

l 2012 ジロデイタリア 第9ステージ l

2012 ジロデイタリア 第8ステージ

 

今日は特にこれといって書くことがないんですけど
カチューシャのイグナチエフさんが結構狙ってらっしゃるのかな
結構狙ってきてらっしゃるのかな

ガッツポーズというのは多分選手なら
誰もが「自分のガッツポーズ」というのを考えるのかしらと思います
一般人でいうと小学校高学年から中学校にかけて自分のサインを考えるのと同じように。
僕なんかが思うかっこいいガッツポーズというのは、
やはり「一発の動作」で決まるガッツポーズがいいのではないかと思います
切れもいいし、写真に撮ってもらうときも「これだ」とわかるので。。。
「一発の動作」でどれだけ個性を出すのかというのは
非常に悩ましいところではあるでしょうが
カヴどんのHTC時代の「もしもしガッツポーズ」
コンタドールの射撃ガッツポーズ
フレチャの弓矢のポーズなんかは非常に美しいガッツポーズではないでしょうか
日本でいうとアイサンの西谷選手なんかはいいガッツポーズをしていると思うので
少年少女は今後の参考にするといいのではないかと思います!
l カテゴリー:2012 ジロデイタリア l

l 2012 ジロデイタリア 第8ステージ l

2012 ジロデイタリア 第7ステージ

 

逃げたーフミフミが逃げたー
そこいくと前ステージのような逃げ切りを期待してしまったところですが
前ステージと違ってオーソドックスなレース展開ができるコースでした
マリアローザを得たいガーミンの皆さん
ステージを獲って、ステージというよりも
勝利で得られるボーナスタイムで総合タイムを有利にしたい欲張りなカチューシャさん
三週間前から今日にかけていたというティラロンゴさん
三週間前からかけられちゃしょうがねえ。。。
他それに同調しようかなーまあしてもいいかなーぐらいの皆さんのおかげで
逃げは吸収されてしまった

こんぬすけが。。。

しかし三級山岳をぐっと加速して獲ったり
スプリントでもよしゃいいのにスプリントしてトップ通過したりという姿に
フミフミの「やってやるぞ、やれる男だ俺は、見ろ俺を」という
いわゆる「ただの優等生」ではなく、「レーサー」としての気概を見た思いで
うおお頼もしいなあ!という一文を
立ち上がりながらキーボードを打ったのです。
l カテゴリー:2012 ジロデイタリア l

l 2012 ジロデイタリア 第7ステージ l

2012 ジロデイタリア 第6ステージ

 

昨日ガーミンが獲得したマリアローザ
ウムーどこまでマリアローザを着続けるのか?
いうても中級山岳ステージばかりなので、次の山岳ステージ、
19日ぐらいまでは着るかな〜と思っていたら想像以上の勾配であった。
ガーミンはマリアローザを守ることはできず
カヴどんにいたってはラルカンシェルを着ての立ちゴケを果たした。
立ちゴケ…ペダルとシューズを固定する機構をはずすことができず、地面に足をつくことができず自転車に乗ったままこけること。はずかしい。普段なら、ましてやプロとして実績を積むカヴどんであればそうめったなことがあってもはずすものだが、そのカヴどんが立ちゴケをしたということで、当時の彼の混乱は察してあまりある
もしかすると、ジロでラルカンシェルを着て立ちゴケをした選手というのは
もしかすると初かもしれませんねえ。。。

しかもなおかつ!
僕はジロのスプリント
カヴどんとファラーのスプリントが楽しみだと申しましたが
ファラーさんが急勾配にやられたか落車、骨折はしてないらしい?ということだがリタイア
カヴどんもタイムアウト(グランツールは完走すればいいというものではない、1位がゴールしたタイムを基準に設定された制限時間中にゴールしなければならないのだ!(ステージ(特に山岳ステージ)ではタイムアウトとかはよそうじゃないかと救済処置がとられることもある))寸前という危機的状況であったという。
三重()っていうのは人生で初めてやった。

去年はいい意味でも悪い意味でもその名をはせたコース設定者ゾメニャン。
今はコース設定から退いたらしいが、
この2012年のコースは彼が最後の置き土産に手がけたジロであるという。
明日(これを書いている今日)はパッと見山岳ステージの頂上ゴールである件です!

そして今これを書いている時点でフミフミが逃げていて
今日のように(これを書いている時点で昨日)のように逃げ切りが
逃げ切りが決まるんじゃないかな〜と思うておるしだいです。。。!

l カテゴリー:2012 ジロデイタリア l

l 2012 ジロデイタリア 第6ステージ l

2012 ジロデイタリア 第5ステージ

 


実は今日、放送が始まる前に別のブログのムスメミユキのほうで
「自転車レースは目的が様々な人たちが一緒に走っているからドラマが生まれる」
みたいな事を書いたのですが、まさにそのような展開になって戦慄しています。。。!
僕はそっち系の力があるのかもしれません。
力を持つことは果たして悪でしょうか。。。破滅への序章なのでしょうか。。。
しかしながら力を持つことが
それ自体がすでに罰なのかもしれませんね。。。!
罰を背負って生きているのかもしれません僕は。。。!

「4級にしちゃきつい」でスプリンターたちに評判だったであろうのぼり区間で
いまいち必要性があったとは思えないリクイガスとアスタナの引き
「総合を守るため」という思惑に、
「平坦ステージは俺の勝負の場所だ」という
スプリンター勢の多くが切れてしまった今日のステージ。
これだからレースは、ジロデイタリアはわかりませんね!
そんな混乱の中でもまがりない強い信念の下
一直線にトレインを作り続けた、まげ無きサムライスカイ
それに応えたカヴどん
ゴールまでロケットで駆け抜けろ
今日のサムライスカイカヴどんは完璧であったように見えたけど
ゴール前のカヴどんの発射が早すぎる気がするのは僕の気のせいでしょうか。。。
l カテゴリー:2012 ジロデイタリア l

l 2012 ジロデイタリア 第5ステージ l

2012 ジロデイタリア 第4ステージ

 

休息日をはさんでのジロデイタリア、
イタリア初日はチームタイムトライアルであった
平均点の高さが売りのガーミンは下馬評どおり勝利し
しかもナダスッ
ナダルススカッツ…スがマリアローザを獲得ついでに10秒差の2位にファラー

去年の第3ステージでなくなったファラーの親友ウェイラント
今年の第3ステージではウェイラントをしのぶセレモニーが行われたが
実際の命日は今日、5月9日なのであった。
去年は翌第4ステージでは追悼レースが行われたあと
ウェイラントのチームレオパードの皆さんと共にジロを去ったファラー
そしてまた今年もジロにやってきたファラー
今日はタイムトライアルなので一人だけガッツポーズはできなかったが
ウェイラントにささげるガッツポーズ、
いわゆる両手の指で「W」をかたちどるガッツポーズ
これからのスプリントステージでそれをすることができるだろうか
スプリントの順位によってはボーナスタイムでマリアローザ着ちゃうのかファラー
ボーナスタイムってあったよねファラー
なかったっけファラー
どうなんだファラー━━━。

l カテゴリー:2012 ジロデイタリア l

l 2012 ジロデイタリア 第4ステージ l

2012 ジロデイタリア 第3ステージ

 

っていうのが目に入らないぐらい
後ろのクラッシュに気をとられたっていうのがまたむかつくんですけど
フェラーリめ。。。
僕なんかはカヴどんが好きなんだけども
「強いカヴどんを誰がやっつけるのか」という
曲がった愛情を持っておる部分があるわけですが
やっつけるってそういうことではないからフェラーリ。
フェラーリはレース後「俺は俺のスプリントをしただけだ」とか言っていたそうで
レースができる精神状態ではないのではないかなあと思いますけど。。。

第2ステージのあと反省会を開き
ゴール前のチームの動きについて話し合ったというグリーンエッジ
ゴール前10キロぐらいには完全に形成されていたスカイのサムライトレインをしりめに
散り散りのように見えたグリーンエッジ。「昨日一体何を話したのか」などと思っていたら
残り1,2キロ、まるで魔法のように
ほぼ完全体として集団前方に形成されたグリーンエッジトレイン
これはあっぱれであった。話したなーすごい話したな。
そしてゴスさんが勝つべくして勝ったたことはもはや言うまでもあるまい。
そこ行くと同じ時期にエースカヴどんを見失い
陽炎のように消えていったサムライトレインには喝ッである
第2ステージはカヴどんの才能でちからづくでなんとか勝てたものの
今回はカヴどんを有力勢の波の中に取り残し、そして最悪の結果を生んだ。
まるで花のように儚く消えていくサムライトレインはグランツールでは通用しない
もちろんトレインにつけなかったカヴどんにも非はあろう
スカイは大反省会を開かねばならない。

l カテゴリー:2012 ジロデイタリア l

l 2012 ジロデイタリア 第3ステージ l

2012 ジロデイタリア 第2ステージ

 

吹きすさぶ横風(例年ほどではなかったらしい)区間
残り100キロ以上はあろうかというところからずっとゴールまでカヴどんを守り通してきた
スカイのヘルメットがどうしてもかっこよく見えない
おっしゃるとおりで月代、いわゆる江戸時代流行の髪形、ちょんまげスタイル
頭頂部をそり上げているあの髪形にしか見えないのです。
この月代という髪型が現われるのは戦国時代までさかのぼるといわれます。
武士が兜をかぶる際、蒸れるのを防ぐために髪をそったことが始まりといわれ
それが一般の町民まで広まり、
月代を剃ることが習慣になったのは江戸時代初期ぐらいからだということです。
一口に月代を剃るといっても当時は様々な流行があったといわれますが
まげを剃るスタイルはなかったのではないかと思います。

ステージ終盤まではスカイの完璧で陰湿ともいえるカヴ護衛
しかしゴール前の最後のスプリント、ちょっと早かった、
カヴどんひとりになるのはちょっと早かったか、レンショーが!
今までならレンショーがここぐらいまで引いていたのに!
というところからのロングなスプリントのように見え、
ああーこれはダメかしらと思ったら
最後の最後で急激な伸びを見せるカヴどん
ひょうひょうとしていながらもやることはやるという信頼感
それがカヴどんである。

l カテゴリー:2012 ジロデイタリア l

l 2012 ジロデイタリア 第2ステージ l

1|2|3