主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

2012 ツールドフランス 第11ステージ

 

目標の達成のためにはその過程は常に一定でかまわないという勝利の方程式
スカイトレインまげがないまがりない
その定時運行っぷりは
「ジャパニーズトレインだ」
「シンカンセーンだ」
などとライバルを震え上がらせその足を封じたという。
しかし
3分遅れただけで駅員にキレるおじさんがいる日本
そこにスカイ攻略のヒントがあるのであるが
スカイトレインに歯向かえる
現実味のある対抗馬はニバリだけとなってしまったのである


l カテゴリー:2012 ツールドフランス l

l 2012 ツールドフランス 第11ステージ l

2012 ツールドフランス 第10ステージ

 

いよいよツールも第二週
週明けの本格的な山岳ステージが始まりました。
今日は超級山岳があるがそれはコース中盤でゴールは下ってゴールなので
総合勢からすると ただしんどいだけのステージ
そういうステージでは大人数の逃げが決まる
第8ステージでも積極的にレースを進めた今年で引退フォイクトさん
これは狙っている
最後のツールでの勝利を狙っている
各々が個人的に走るレオパード
そんなフォイクトさんの意思を知ってか
加速するボクレールだ
フォイクトさん
ゆずられた勝利なんかで安易にあんたの花道を飾ったりなんかしないよ
真っ当に勝負することこそが
ただ勝利を追い求める個であることが
選手同士の礼儀であり誉れであると
そういうことはまあ多分考えてない
表彰台でぴょんぴょん跳ねるボクレール
l カテゴリー:2012 ツールドフランス l

l 2012 ツールドフランス 第10ステージ l

2012 ツールドフランス 第9ステージ

 

今年のツールは山ばっかじゃねーぜ
タイムトライアルが速いやつに有利になるような感じだぜフッフー!
大作戦の
第一弾と言えるのが今日の個人タイムトライアル。
「タイムトライアルというとカンチェ」というミユキ自転車において
久しぶりにカンチェが出てこなかった今回、
そのカンチェに大差をつけて勝ったのがウィギンスである。
ついでにチームメイトフルーム。
ウィギンスといえばタイムトライアルが速いといえどもまさかここまでとは
カンチェに勝つとは
カンチェが本調子ではなかったのかもしれない
しかし確かなことは総合の最大のライバルと思われる
カデルエバンス総合2位に2分近くの差をつけたということだ
まだ第一週
いいのか!後半バテないか!
後半バテないかといえば
エバンスとしても今日のタイムトライアルはさほど稼がなくてもいいのである
むしろ総合ライバル勢を油断させるぐらいの勢いで行けばいいのである
主戦場の山岳を経て
最後に長いタイムトライアルがもう一度あるのである
そこで行けばいいのである
というのはあくまで理想論であって
実際ほぼ同時に走っててそこまで調整できるのか?というのは甚だ疑問であって
つまるところなにもわからん
なにもわからん!
まだ第一週だから!
l カテゴリー:2012 ツールドフランス l

l 2012 ツールドフランス 第9ステージ l

2012 ツールドフランス 第8ステージ

 

レースの口火を切ったのはこのツールで引退するらしいベテランフォイクトさん
俺が俺が
誰だよ結局誰なんだよ!というレースを勝利でしめくくったのは若いピノさん
このピノとかピノーがロードレース界に多くてまいってしまいます。
逆に言うとロードレース以外で聞かないよピノさん
なんなんだよピノさん
ったくよピノさん
勝利インタビューに答えるピノさんをいそいそと着替えさせる監督
インタビュー中でもお構いなしに勝利を称えに来るチームメイトら
レース序盤にはサンチェス
このサンチェスというのも妙に多い気がする。
いや実際は二人ぐらいで両サンチェスの名前がよく出てくるだけかもしれない
活躍を期待されたエウスカルテルのサンチェスが落車で鎖骨骨折でリタイア
倒れるエースのそばになすすべなく立ち尽くすチームメイトたち
ロードレース悲喜こもごも
いく人くる人
l カテゴリー:2012 ツールドフランス l

l 2012 ツールドフランス 第8ステージ l

2012 ツールドフランス 第7ステージ

 

あそこでエバンスさんが前に出たのは僕はうれしかったなあ
おおエバンスさん
今年も行く気なんですね
ひとりで
ひとりであなたは行くんですね
ニバリも結構ひとりであった
ウィギンスもいつかはひとりになる
失うことを知っているエバンス
マイヨジョーヌの女神はどちらに寄り添うのか

l カテゴリー:2012 ツールドフランス l

l 2012 ツールドフランス 第7ステージ l

2012 ツールドフランス 第6ステージ

 

僕としては
ガッツポーズって言うのはなんかモジモジいろいろ詰め込むのではなくて
一発、ワンモーションでガッと決めるのが美しいと思っているので
今回のサガンのガッツポーズはミユキ的には非常に高い評価です。

ムキーン

というジャージを炸裂させるのではないかというマッスルポーズ。
しかもそれを身体が大きいだのゴリラだのモンスターだの
誰かを吸収しているのではないかだのと言われているグライペルの目の前でやるという。
好きですね僕は。。。
l カテゴリー:2012 ツールドフランス l

l 2012 ツールドフランス 第6ステージ l

2012 ツールドフランス 第5ステージ

 


昨日今日と度重なるゴール直前の落車
落車があったからグライペルはレンショーできたのか
否!
勝つところにいたから落車に巻き込まれず勝てたのかもわかりません
そうです!

あわせて読みたい: ジロデイタリア2010 第18ステージ
l カテゴリー:2012 ツールドフランス l

l 2012 ツールドフランス 第5ステージ l

2012 ツールドフランス 第4ステージ







乗っちゃった。。。表彰台に日本人が乗っちゃった。。。
お姉さんたちとキスなんかをして
花束をもらったりなんかして
それを投げたりして
花束を投げるなんてたいしたもんだよ

といった感じで
なんだかいまいちまだ現実感がない
明日ぐらいからしみじみ実感がわいてくるのだろうとか
まるで本人みたいなことを言っているミユキさんですが

「もしかしてマイヨジョーヌも」と意識しちゃったもの
これは来ました

あと日本人に残されたグランツール「初」は
各賞ジャージを着る(一日クラスとシャンゼリゼクラス)
ステージ勝利
ぐらいしか残されていない件です!

l カテゴリー:2012 ツールドフランス l

l 2012 ツールドフランス 第4ステージ l

2012 ツールドフランス 第3ステージ

 

「きつすぎない登りのスプリントならサガン」という定説
今日も「どうせサガンだろう」という一種の諦めに似た予想
何とかくつがえそうと何人かの選手の名を上げるもやはりサガン

サガンというと
僕は裸の大将的なイメージだったのですが
ツイッターとかをみているとどうもカリフォルニアで8ステージ中5勝を重ねる中で
どんどん調子に乗っていったという。
僕はその様子を見てないのですが
今ではスロベキアン・ファンキー・チキン・イン・ザ・ツールである。

サガンはどこへ向かうのかーーー。



l カテゴリー:2012 ツールドフランス l

l 2012 ツールドフランス 第3ステージ l

2012 ツールドフランス 第2ステージ

 

カヴどんのチームスカイはウィギンスさんの総合狙いにアシスト陣を振っているというので
カヴどんのゴールスプリントにアシストは出せません
トレインは組めませんよと言うことで
無賃乗車
いわゆる他チームのトレインに単身乗り込んで勝つという行為を行なったカヴどん
自分専用のコロンビアハイロードHTC村のすばらしいトレインに乗っていた時代から
無賃乗車する人の動きは見てきたし
大先輩でミスター無賃乗車のマキュアンさんを見てきたカヴどん
しかし今日はなんだか無賃乗車している気分じゃなかったという
それというのも
チームは違えど、一緒にトレインを組んできた仲間たちとのスプリントだったからである
トレインの車両のひとつからエーススプリンターになっていった仲間たち
みんな元気にしていたかとカヴどん
そうかそうかとカヴどん
l カテゴリー:2012 ツールドフランス l

l 2012 ツールドフランス 第2ステージ l

1|2|3