主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

2013 ジロデイタリア 第12ステージ

 

ウィギンスイズダウン。。

雨の平坦で遅れていったウィギンスさん

そのウィギンスさんにあつまるアシスト勢が痛々しい

短いなんの変哲もないステージで

ウィギンスの身体に打ち付けたたくさんのイタリアの雨は

そのひょろ長には冷たすぎたのか

そしてレースの先頭ではカブどんがキャリア100勝を遂げた

ゴール後にいつものカブどん汗まみれスマイルがなかったことが

距離からは測れぬこのステージの厳しさを物語る。。
l カテゴリー:2013 ジロデイタリア l

l 2013 ジロデイタリア 第12ステージ l

2013 ジロデイタリア 第11ステージ

 

「僕は放送の仕事をしていなくてよかった」

と噛みしめるように見ていた今日のステージ

ナヴァルダスカスが活躍したステージ

ラムナスナヴァルダスカス

ルミナスではなくてラムナスでした

言いにくいのに耐えてよく言った

感動した

ラムナスすすり泣くなかなかなナヴァルダスカス

あなたならどんなナヴァルダスカスの早口言葉を考えるだろうか。
l カテゴリー:2013 ジロデイタリア l

l 2013 ジロデイタリア 第11ステージ l

2013 ジロデイタリア 第10ステージ




スカイの象徴的存在ウィギンスが脱落したとしてもチームスカイにはコロンビア勢
モントヤとウランさんがいたのだった
ミユキさんはファンパプロモントヤを重ねてモントヤが気になっていましたが
今日モントヤは脱落してアタックを仕掛けたのがウランさん
結果的には後続マリアローザ集団に30秒とボーナスタイム20秒を稼いで
総合争いの舞台に華々しく名乗りを上げた。
ウィギンスも「あ、登りでも遅れるらしいぞ」という雰囲気を出したものの
総合順位でもまだ不気味な位置にいる
「総合争い」という駆け引きでは
唯一2枚のカードを持つチームスカイ
ウィギンスさえ絶好調なら!
l カテゴリー:2013 ジロデイタリア l

l 2013 ジロデイタリア 第10ステージ l

その頃ボーネンは

 

ウィギンスは下りが遅いとはいえ、
いいのか、
下りでちょっと遅れるぐらいなら。。。!
いやだめなのか、致命的なのか、
でも追いつけばいいだけでしょ、
どうなのか、
手堅いエバンス、磐石のニバリ
ディフェンディングチャンピオンヘシェダルの遅れが意味するものとは!?
総合争いが混沌としてきたといわれて久しいまだ第一週の休息日
休息日明けに早速訪れる頂上ゴール山岳ステージに各々は何を思うのか━━━。

その頃ボーネンさんはというと
フランドルでの落車以来ろくに自転車に乗れない日々が続き
最近やっと久しぶりのレースに参加
シーズン後半に向けてリハビリの日々であるという。
フェラーリを買ったという。
l カテゴリー:2013 ジロデイタリア l

l その頃ボーネンは l

2013 ジロデイタリア 第9ステージ



誰がこのような崩壊を予想したであろうか
第2ステージあたりで登りでついていけさえすればいいのだなどと申しましたが
登りでついていけても下りで離されたらダメなのじゃよ!

やはり第7ステージでの落車の精神的ダメージが大きかったのか
そこまでガラスの心だったのか なにがあったのか
ツールへ向けたリスク回避か
それであれば別にスカイがウィギンスのために下がってくる必要はない
アッ
スカイが下がってきていると見せかけて、モントヤだけメイン集団にいたりしませんでした
しませんでしたかね

幸い明日は休息日
スカイお得意の現代運動学による精神ケアを行なうか
スカイの総合でいうとウィギンスの次は流行のコロンビア、モントヤ2分遅れ
スカイはどのような手を打ってくるのか
スーパーエース悲喜こもごも
l カテゴリー:2013 ジロデイタリア l

l 2013 ジロデイタリア 第9ステージ l

2013 ジロデイタリア 第8ステージ

 

今日の長いタイムトライアル
今年のジロでウィギンスが優勝候補最筆頭に上げられたひとつの大きな要因である
昨日の落車後の様子や
「どうもウィギンスさんやる気なくした説」
「ツールを狙うつもり説」
「ツールを狙うならフルームとの確執がまた再燃するのではないか説」
「それはそれで見たい気がする説」
などが起こり注目されたが
前半のコーナーリングなどでは一目見てわかるウィギンスさんの「遅さ」
遅いというよりは(昨日の落車で怖くなっておるに違いない)という雰囲気で
第1計測地点ではニバリと1分以上遅れるタイムで(ウィギンスもはやここまで)
と思ったものの、ウィギンスさん第2計測からゴールまでにタイムを盛り返したのか
結果的には総合勢としてみると一番速いタイムでタイムトライアルを終えた。
コース前半はテクニカルで後半は単調な踏み踏み区間であることを考えれば
ウィギンスはまだ死んでないがコーナー恐怖症になったか
などという憶測も飛ぶが

そういう意味では次の第9ステージはひとつの重要な指標となろう
今年のジロ初の2級山岳と1級山岳でこそ
ウィギンス以外の総合勢は第3ステージで見せたハチャメチャアタックをするべきである
それにウィギンスがどのようについてくるのか
l カテゴリー:2013 ジロデイタリア l

l 2013 ジロデイタリア 第8ステージ l

2013 ジロデイタリア 第7ステージ

 

急勾配を多数含んだのこぎりステージで勝ったのは
逃げ続けたガタイのいいハンセンであった。

そしてその後ろではツルツルの路面に多数の選手が餌食となり
その中に今年のジロ優勝候補最筆頭のウィギンスさんもいた
気になったのは落車後のウィギンスさんが積極的にペダルをふまなかったことだ
あれは今後を見据えて落車を繰り返し復帰不可能な状態になるリスクを避けた余裕なのか
本当に調子が悪くて気持ちが切れたのか!
そしてあまり表舞台には現れないものの
少しづつボーナスタイムを稼ぐ手堅いエバンスさん
この手堅さはツールを獲った2011年
2011年であったか
そこらへんを髣髴とさせる手堅さである。
l カテゴリー:2013 ジロデイタリア l

l 2013 ジロデイタリア 第7ステージ l

2013 ジロデイタリア 第6ステージ

 

レースも終盤でスピードがあがった集団中盤で起きた大落車
大怪我を負った選手はいなかったようだがうまい具合に自転車がからまったのか
うまい具合にコースを分断し前に進めない選手ら
そしてその時別のトラブルで遅れていたスカイも大混乱の中で後方に取り残される形となって
さすがの冷徹現代戦チームもあせったに違いない
冷徹現代戦チームとか言ってるのに4コマではキャラが違うがそこはいいんですかね。。
ゴール後のひと悶着は
「あの時ホイール踏みましたやろ!スポーク折れましたがな!カーボンの!」
「しょうがないだろお前に行かなきゃいけないんだから」
「あんたがたはいいかもしれませんけどねあたしたちはホイール一本だってバカにならないんですからね」
とかだったのかもしれません
多分違います。。
l カテゴリー:2013 ジロデイタリア l

l 2013 ジロデイタリア 第6ステージ l

2013 ジロデイタリア 第5ステージ

 

ゴール直前の大落車をすんでのところでかわしたデゲンゴルブ
「あー今の危なかった怖かった、ああ怖かった」などと振り返る暇もなく
ゴールまでの坂を力を振り絞ってがんばりました。

今年からプロツアーチームになったらしいアルゴスシマノ
活躍の機会と同様に増える、求められる結果の量。
マテーラという遺産の中
それに見事に応えたプロ選手の心意気を前に
僕も素晴らしい4コマを描くことができてとてもうれしく思っている。
l カテゴリー:2013 ジロデイタリア l

l 2013 ジロデイタリア 第5ステージ l

2013 ジロデイタリア 第4ステージ



昨日の早すぎるクライマックスを見た我ら
そういうことなら登りゴールの今日なんかは!
どうなる!
という純粋な興味とすこし意地悪な期待を持って来る今日のステージ

なにもなかった
狂気のジロじゃなかったのかよ
誰が言ったんだよ

ふたを開けてみれば場末のベテランが輝き無名の若手が勝つという典型的な前哨ステージ
僕なんかはスカイがプロトン内で懸命に休戦協定を結んだのではないかと
勝手に思っていますが
雨だし。。
ハアそれでは2位争いでもするかな。。などというメンツでは
多分ないので
まあ
どうなるんですかねっていう話ですけどね。。
l カテゴリー:2013 ジロデイタリア l

l 2013 ジロデイタリア 第4ステージ l

1|2|3