主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

2014 ジロデイタリア 第12ステージ



ジロも折り返し地点のタイムトライアル、他のライバルたちに大打撃を加えたウランの走り。
調子が悪かったのか、調子が悪いに違いない、と思われていたエバンス
「まさかウランがここまでとは思わなんだ」とレース後にお手上げ宣言。
「せやけどおもろなったわ。。」と鼓舞するのは自分自身か

タイムトライアルで速いウラン
総合系登坂力もスカイ時代にエースたちを引き続けた姿が記憶に新しい
エバンス以外はほぼ2分以上の遅れを取った他の総合勢
ウラン打開策を見出すことはできるか
一筋縄に行く相手ではないぞエバンスッ
そして以前からジロを狙うと宣言していた、ウランと同郷キンタナは3分半の遅れ
山岳でてんやわんやの総合バトルが見られるか━━━。
l カテゴリー:2014ジロデイタリア l

l 2014 ジロデイタリア 第12ステージ l

2014 ジロデイタリア 第11ステージ



キッテルを
キッテルを描きたい━━━、
l カテゴリー:2014ジロデイタリア l

l 2014 ジロデイタリア 第11ステージ l

2014 ジロデイタリア 第10ステージ



ナンバー2キャップ。。
グランプリ天国で見たことがあるな。。バリチェロとかウェバーがかぶっていた。。



ツアーオブジャパンの第1第2ステージのレポートをアップしています!
まだごらんでない方はどうぞ。。

2014 ツアーオブジャパン 第1ステージ 堺

2014 ツアーオブジャパン 第2ステージ 美濃
l カテゴリー:2014ジロデイタリア l

l 2014 ジロデイタリア 第10ステージ l

2014 ジロデイタリア 第9ステージ



ジロの中継が終わった2時間後にカリフォルニアの中継、
同じ実況解説というJスポの戦略!
谷口さんはこの後ラグビー中継をやってそのあと野球中継もやったそうです(うそ)

今日のジロがもっとスローペースになっていたらおもしろかったのに。。と思うミユキさんです。。
l カテゴリー:2014ジロデイタリア l

l 2014 ジロデイタリア 第9ステージ l

2014 ジロデイタリア 第8ステージ



はい
いよいよ今日からツアーオブジャパンです。
去年一昨年とアレドンドが総合2位を獲ったことでおなじみの
ツアーオブジャパンです!
l カテゴリー:2014ジロデイタリア l

l 2014 ジロデイタリア 第8ステージ l

2014 ジロデイタリア 第7ステージ

ジロデイタリア2014

これはいい位置だぞブアニッまたブアニかっ
と思ったら誰かが寄せてきてブアニの進路がなくなったかっと思ったら
行った
ここではニッツォーロと描きましたが寄せてきたのは別の人だったのではないか。
しかしあそこで行く勇気、あそこで行く頭のネジの飛びよう、まさにスプリンターかくあれり、そんな感じぃ

あとエバンスの応援グッズ作りました シールとかTシャツにしよう!

cadelevans

evans

pozzato

Filippo Pozzato



明日からツアーオブジャパン!
堺ステージはタイムトライアルとなっているが、例年10時半からツアーオブジャパンのメンツでやるクリテリウムをやるから気をつけよう!高レベルのスプリントを見るチャンスだ!公式ページにはまったく記載がないが、堺市のページには記載があるから信憑性は高いといえるだろう!
うそです公式に書いてました。やってやるぜ!
l カテゴリー:2014ジロデイタリア l

l 2014 ジロデイタリア 第7ステージ l

2014 ジロデイタリア 第6ステージ



母さ〜ん 僕は今ジロデイタリアにいまあす
ジロデイタリアは今日も雨でえす━━━。


l カテゴリー:2014ジロデイタリア l

l 2014 ジロデイタリア 第6ステージ l

2014 ジロデイタリア 第5ステージ



数年前にジロデイタリアを総合優勝をしたきり、総合への挑戦を明言し続けるも早々に脱落していくその姿、一種の悲壮と、同時に愛嬌を感じる、クネゴのそのスタイルには、「あの紺色とピンクのジャージの人がクネゴだったらいいのに。。」と思わせる何かがある。
ましてや今日のステージ、ちょっとした登りの少数白兵戦、総合を狙う人達にとって軽い探り合い、ジャブを打つのみの第1ラウンド、
となれば、やはり
「あの先頭に出た紺色とピンクの人はクネゴだったらいいのに」
と思ってしまうのであった、

ウリッシ
ウリッシでした

このウリッシは前回ミユキ自転車に出てきたのはやはりジロ、自分のゴールスプリントをしていたらヴィスコンティに「じゃまだ」とのけられたときであったか、
なんとかうまくそういうキャラになってほしい(願われても

l カテゴリー:2014ジロデイタリア l

l 2014 ジロデイタリア 第5ステージ l

2014 ジロデイタリア 第4ステージ

キッテル

今年のジロはキッテルで行くはずだったミユキさんの無念の心がキッテルの生き霊となって現れたようです。。

ジロデイタリアもいよいよイタリアへ上陸、といったところで発熱リタイヤしたキッテル。
キッテルにとってはジロデアイルランドであったという!

そんなイタリア開幕戦はイタリア南部のくせに雨、舗装路なのにすごい泥でマリアローザは汚れ、パレード的な意味もあったのか、イタリア開幕をつげる周回コースは「雨で滑ってあぶない」とオリカグリーンエッジが中心となって「ゴール直前まではゆっくり走行」をアピール。しかしそれに納得しない複数のチームが、オリカグリーンエッジでマリアローザ、つまり集団のリーダーに問いつめるという激しい論戦も繰り広げられた。
そしてオリカのリミッターが外された最終周回には志村けん的コントのように同時多発落車、「ほらみろ」とつぶやくオリカツイッター、ジロデイタリア第4ステージ、残り17ステージに向けて集団に大きな遺恨を残す形となった━━━。
l カテゴリー:2014ジロデイタリア l

l 2014 ジロデイタリア 第4ステージ l

2014 ジロデイタリア 第3ステージ

ジロデイタリア2014
残り300mのシケインをすぎたあたりではおおよそ10番手、先頭との距離は数十メートル、限界レッドゾーンに振り切ったスプリント集団の速度、一列棒状、
「あ これはあかん」
ミユキは思った。
「キッテルが勝ちまくるっていうのでやるつもりだったのに、2戦目にしてその目論見破れたり。」と諦めたが
後ろからぐいぐいと来てる赤い影、マウセル・キッテル。まさかのキッテル!
勝ったな〜見事、あっぱれであるキッテル、
そのスプリントの様はゴール直前までテレビに映ってなかったのに突然現れて勝っていく名スプリンター、ロビー”忍者”マキュアンを思わせたが
マキュアンのように、それこそ
ヒラリ、ズバッ
というスプリントというよりは、力づくでなんとかもぎ取った勝利、そんな印象を受けた。

ここまで力づくでねじ伏せられたら他のスプリンターにはもはや打つ手なし、
そうであろうか。
今回のゴールはキッテルの強さと共に弱点を露呈したように思う。つまりキッテルを孤立させ後方からのスプリントを余儀なくさせたチームジャイアントのトレインの脆さである。
早めに仕掛けてジャイアントのみなさんをキッテルからはぎ取って、キッテルを後方に沈ませれば、あるいは━━━。
そのようなことを思ったダブリン、アイルランドの雨上がりである。
l カテゴリー:2014ジロデイタリア l

l 2014 ジロデイタリア 第3ステージ l

1|2|3