主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

2014 ツールドフランス 第11ステージ

l カテゴリー:2014ツールドフランス l

l 2014 ツールドフランス 第11ステージ l

2014 ツールドフランス 第10ステージ



本格山岳第一戦、
まさかのコンタドールリタイア。。
正直
正直もう今年のツールどうでもいい
いやっ
今年のツールミユキ自転車のトップ絵のトップを飾る2人、そして周りのもう2人が第一週で消えることになった今年のツールドフランス、なんというデスブログでしょうか、もう二度とトップ絵に現役選手を描かないと誓ったミユキさんです!
l カテゴリー:2014ツールドフランス l

l 2014 ツールドフランス 第10ステージ l

2014 ツールドフランス 第9ステージ



僕はトニーマルティン(タイムトライアルなどでがんばっている)を見るたびに(浜にうちあげられた深海魚)と思い起こすのですが、今日のマルティンはかっこよかった気がします。
ならなんでこんな4コマ描いたのか。
もうひとりの方のトニーは、「フランス人としてフランス革命記念日にマイヨジョーヌを着て走る」という、フランス人選手冥利につきる快挙を達成、明日が平坦ステージならよかったのに、すごい山岳、どこまでテレビに映ることができるか━━━。
l カテゴリー:2014ツールドフランス l

l 2014 ツールドフランス 第9ステージ l

2014 ツールドフランス 第8ステージ

ツールドフランス2014

いよいよ2014ツールドフランスも山岳ステージへ
今年のツールはこのまま15ステージまで、性質こそ違えど長い山岳ステージが続く。
そんなフルームなき山岳ステージ、第1ラウンド カーン! といったところの今日のステージ、早々に逃げ集団は無視してメイン集団の照準は総合争いへとしぼられた。
定石どおり先行したのはコンタドール、ジャブの打ち合いに付き合ったのはニバリ、そして少し遅れてポート。。チラチラ後ろを見ながらのコンタはまだ余裕はありそう、ニバリも今ここで攻める必要はないと静観している様子、ポートの表情はオンデマンドの画質からは読み取れなかった━━━。
今年のツールはこの3人か?この3人なのだろうか━━━。
l カテゴリー:2014ツールドフランス l

l 2014 ツールドフランス 第8ステージ l

2014 ツールドフランス 第7ステージ

tour de france 2014

これまでキッテルやグライペル、ニバリの後ろで着実にポイントを稼ぐサガン。勝ちはないものの、今ではポイント賞2位に100点以上をつけ、3位の「3勝している」キッテルにはほぼダブルスコアという点差がサガンのコンスタントっぷりを物語る。
よく言えばクレバー、悪くいえば姑息。。周囲からも「いいのかそれで」という空気を感じるサガン。しかしながらサガンもこれでいいとは思っていません、ゴール前に坂がありキッテルやグライペルなどのスーパースプリンターが消えるであろう今日のコース、もろたで!
なのになんでアタックしたし。。普通にゴールスプリントをやれば順当に1位になれたのになんでアタックしたし。。そしてスプリントは遅れて負けたし。。
それはやはり、周囲の雑音を払うために、圧倒的な強さをもってマイヨベールの資格を見せ付けたかったのだろう、アタックして逃げ切りたかったのだろう。
クレバーで姑息な走りを覚えたサガン、しかし肝心なところで若さが出たステージであった。。
l カテゴリー:2014ツールドフランス l

l 2014 ツールドフランス 第7ステージ l

2014 ツールドフランス 第6ステージ



あれーキッテルがいない、キッテルはどこというゴール前、キッテルはゴール前にパンクしたといううわさ。そんなゴールを制したのはグライペル、いまいちパッとしないと言われて第6ステージ、小気味よいスプリントで勝利した。
明日はゴール直前に4級山岳がふたつ連なるステージ、スプリンターはには厳しいかもしれないという噂だ。
では次の平坦ステージはいつかしらとざっと見てみたら、15ステージまでは山岳だ。その次の平坦は19ステージと最終日のみという今年のツール、事実上のスプリント合戦の締めくくりを制したグライペル。
グライペルきてる━━━。
l カテゴリー:2014ツールドフランス l

l 2014 ツールドフランス 第6ステージ l

2014 ツールドフランス 第5ステージ



今年のツールのスタート、イギリスヨークシャー各所に設けられたツールイベント開催地、通称ファンパークにはにはカヴどんとフルームを応援するバナーが掲げられていた。自転車人気が高まっているというイギリス、そのムーブメントの先頭でありやはりスーパースターでスーパーエースなお2人だから当然であろうか、その2人が第5ステージで姿を消したという!

第5ステージ、色々あったレースであったが、振り返って個人的に総括すれば、「いろいろあったようで何もなかった、むなしいステージ」であった。コンタとフルームの一騎打ちが見たかったのにそれが叶わなくなったというやっかみもある。
第5ステージは「北の地獄」でおなじみパリルーベのコースの一部が使われるという、トンデモコースというのがウリのコースであったが、そんなコースがツールに必要であっただろうか。
言ったのは栗村さんだったか浅田さんだったか、谷口アナの「このような石畳を走る練習というのはするのか。」という質問に対して「こんなとこを走るのは避けている」「あまりにも異質なので練習したところで身体のバランスを崩してしまう」という話が全てであろう。パリルーベというレースは「そこでどうしても勝ちたい」という選手がいて、なおかつワンデーレース、数合わせのために参加した選手には「タイム差も関係ない(完走することに意味がある)、やめても後にひかない」という逃げ道があるからこそ特別で素晴らしいレースだ。
だがツールは違う。総合を狙う選手もいれば、山岳で一発かましたい選手もいる。こぶし大の石が埋まっているだけの石畳という異質なコースで勝ちたい選手は少数派だし、前者のような選手たちが落車やトラブルで遅れたりいなくなったりしたところで、スポーツとして何の興奮があろう。サッカーで言えばフィールドが突然波打ったり、ゴール前でボールが突然爆発したりするようなものだ。ツールがこのようなことをしていては「トンデモツールじゃなくて地元のグランツールでがんばろう」という選手たちが出てくるのではないか。
自転車競技の国際化が進み、グランツール以外にも世界各地で大きなレースが始まっている中で、特別であるために特別なことをする━━━将来のツールに一抹の不安を感じた第5ステージであり、全日本自転車4コマどきどき協議会広報部長としてフランス大使館を通してツールに抗議する所存である。

l カテゴリー:2014ツールドフランス l

l 2014 ツールドフランス 第5ステージ l

2014 ツールドフランス 第4ステージ

ツールドフランス2014

ツールドフランス2014 フランス上陸初戦も勝利で飾ったキッテル
曲がり気味のゴール前、早々にジャイアントトレインは崩壊し先行するのはクリストフさん、その横からはデマールさんが勢いを上げる。
その中央から出遅れたキッテル
あーダメだ、これはさすがにダメだ
同じネタをかぶせたいという気持ちもあるが、違うなら違うでそれもいい━━━
と思ってたら行くものキッテルは。。

それでも「キッテルが来てる」と言ってもらえないキッテルであったが、その後行なわれたワールドカップドイツ対ブラジルは7対1という信じられない点差でドイツが勝利、フランス現地時間深夜、キッテルはごきげん気分で「飽きてきたなー」とツイート
寝ろ━━━。
l カテゴリー:2014ツールドフランス l

l 2014 ツールドフランス 第4ステージ l

2014 ツールドフランス 第3ステージ


ものすごい歓声の中で開幕を迎えたツールドフランスイギリススタート。
バッキンガム宮殿をバックに勝利でおさめたキッテルだが、結局最後まで「キッテルが来てる」と言ってもらえることはなかった。。
そして傷心の中、空港の手荷物検査でヘアジェルを没収されたというキッテル。液体物。。
「あっいやキッテルなんですけど」と言って通じただろうか
キッテルでもダメですか
試しにここで髪をセットしたらダメですか
ダメですか

ツールドフランスはいよいよフランスに上陸する━━━。
l カテゴリー:2014ツールドフランス l

l 2014 ツールドフランス 第3ステージ l

2014 ツールドフランス 第2ステージ


観客で埋め尽くされた山岳が次々に押し寄せる第2ステージ、もはやツールドフランス最終局面なのではないかと錯覚するぐらいのイギリスヨークシャー。
観客のエキサイトっぷりにヨークシャー警察もTDFrespectというハッシュタグでツイッターで観客に観戦マナーを喚起するものの、観客のみなさんは選手を撮るためにスマ〜トホンを使っています!
そんな混乱の中でアタックを決め、第2ステージでマイヨジョーヌを獲得したニバリ。
フルーム、コンタに次ぐ総合優勝候補と目されるニバリアスタナだが、マイヨジョーヌを獲得したアスタナはこれから便宜上集団をひかなければならない、体力面で大丈夫なのかアスタナ、一旦誰かにあげられるだろうかマイヨジョーヌ、と考えると、他の総合勢(というかフルームとコンタ)も「なんならここでマイヨジョーヌ着てもいい」ぐらいのアタックを見せていた。
時代と共に戦略も変わっていくのだろうか、バスが看板につっこむぐらいしかなかった去年が懐かしい━━━。

l カテゴリー:2014ツールドフランス l

l 2014 ツールドフランス 第2ステージ l

1|2|3