主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

2015 ジロデイタリア 第12ステージ


大雨のゴールを迎えた選手たちの疲弊した顔はまさにクラシック終わり、
これまで逃がし通しでレース進行というものがわからなくなったメイン集団は不安定な動作を繰り返し
最後の坂に総動員で挑んだアスタナはエースであるアルを見失い
意外といいウラン、表彰台での左手で大瓶を持ち上げるコンタ、
そんな中で勝ったのはジルベール
l カテゴリー:2015 ジロデイタリア l

l 2015 ジロデイタリア 第12ステージ l

2015 ジロデイタリア 第11ステージ



やはりグランツールにおいてスーパースプリンターによる集団スプリントというのは、花火大会でいうところの大尺玉であって、最低でも2,3ステージは欲しいところ。
柳とかもきれいやけど!ましてスマイルとかドラえもんとかそれはそれでええねんけど!
l カテゴリー:2015 ジロデイタリア l

l 2015 ジロデイタリア 第11ステージ l

2015 ジロデイタリア 第10ステージ



実際には落車はしていませんが、他チームからの機材供給を受け2分のタイムペナルティをくらったというポートさん、ゴールのタイム差も加えて総合3分以上の遅れ。
チームからの特別待遇がその身に重くのしかかります。。
l カテゴリー:2015 ジロデイタリア l

l 2015 ジロデイタリア 第10ステージ l

2015 ジロデイタリア 第9ステージ



ティラロンゴの表彰台
ポディウムガールが表彰台に登った瞬間にAKIRAを思い浮かべたのは僕だけであろうか━━━。

l カテゴリー:2015 ジロデイタリア l

l 2015 ジロデイタリア 第9ステージ l

2015 ジロデイタリア 第7ステージ



しかし時々思うんですが
たとえば200キロの平坦コースね
200キロ中に何度もアップダウンがあるとかならわかるんだけども
200キロの平坦コースって
最初の50キロぐらいいらなくね。。
テレビ放送的にもいいし、関係者も楽だろうし
「流し区間」の50キロっていらなくね。。
そう思うことがありますね。。
l カテゴリー:2015 ジロデイタリア l

l 2015 ジロデイタリア 第7ステージ l

2015 ジロデイタリア 第6ステージ

 

ゴール直前の大落車に巻き込まれたコンタドール
表彰台では伏せがちな笑顔、マリアローザを着ることさえ厭うその左肩の様子。
脱臼ではなかろうかと風の噂で聞きました
脱臼ってあれですか、カコッて入れたら治るやつですか
その選手人生の締めくくりとして挑むダブルツール、おバカな観客のせいで諦める
そんな悲しいコンタがいようか
もうちょっと前、もうちょっと後ろにいたら。。


l カテゴリー:2015 ジロデイタリア l

l 2015 ジロデイタリア 第6ステージ l

2015 ジロデイタリア 第5ステージ


総合争いの探りあいがあるのではという今日の頂上ゴール、
先手をとったのはやはりコンタドールであった。
総合争いはコンタアルポートの3人なのだろうか
ウランにちょっと行ってほしい
コンタアルポートってなんかお菓子みたいな響き
l カテゴリー:2015 ジロデイタリア l

l 2015 ジロデイタリア 第5ステージ l

2015 ジロデイタリア 第4ステージ


総合争いもいよいよ絞り込まれてきた第16,17ステージぐらいを思わせるようなメイン集団のまったりムード
かと思いきや終盤には10分はあったタイム差がどんどん縮まるという、ワープを繰り返すアスタナ銀河鉄道かと驚いていたら
コンタ、ポート、アルの総合争い前哨戦、ウランはダメなのか、いけんのか!
という混乱に動じず、ひとりアタックして、もろもろ勝利をかっさらったのは、期待の新人フォロモロ(22)だが
最後に話題をとっていくのはやはりグリーンエッジ、サイモンクラークさんのガッツポーズだった。
勝ったと思ったのか、いやいやマリアローザがうれしかったのか。
確かにマリアローザを着るなんていうことはうれしいはずで、ガッツポーズすることに不思議はないわけだから、どちらの説にも信憑性があるから困った。
真実は本人だけが知るのである━━━。

l カテゴリー:2015 ジロデイタリア l

l 2015 ジロデイタリア 第4ステージ l

2015 ジロデイタリア 第3ステージ



序盤も序盤であわや逃げ切りかと思われた第3ステージ、長いスプリントを手堅く勝ったのはマリアローザを来たマシューズさん、
グリーンエッジは序盤にリーダージャージを着るし、着れなかったらバスをどこかにぶつけるなどして目立つ、それも無理なら、ボトルベストを担ぐのに時間をかける、
これがチームマーケティングというものであろう━━━。
l カテゴリー:2015 ジロデイタリア l

l 2015 ジロデイタリア 第3ステージ l

2015 ジロデイタリア 第2ステージ



さあ今年のジロも本格的なステージレースが始まりました!
最初の平坦ステージでのハイライトは、やはりなんといっても!
グリーンエッジのボトルベストでしたね。。
サクソバンクが採用して以来どのチームも採用する様子が見られず(あんまりよくないのではないか)という噂のボトルベスト(正式名称はバールベストだった気がする)
まんをじしてグリーンエッジが採用した映像が見られましたが
(やっぱりよくないんじゃないか)
という印象、はたして今後のトレンドはどうなっていくのでしょうか。。
l カテゴリー:2015 ジロデイタリア l

l 2015 ジロデイタリア 第2ステージ l

1|2|3