主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

2017 ジロデイタリア 第3ステージ

 

 

絵に描いたように決まったクイックステップのエシュロンの傍らで

絵に描いたようにトラブるグライペル

(中央分離帯の横で遅れていくグライペルって毎グランツールで見る気がするな)

グライペルっていうと中央分離帯の奥で自転車から降りているイメージですよね。。

l カテゴリー:2017 ジロデイタリア l

l 2017 ジロデイタリア 第3ステージ l

2017 ジロデイタリア 第2ステージ

 

ミユキさんダゾーンジロ中継

1勝2敗1分。。

l カテゴリー:2017 ジロデイタリア l

l 2017 ジロデイタリア 第2ステージ l

2017 ジロデイタリア 第1ステージ

 

あまり期待せず━━━ある意味では期待して始まったダゾーンでのジロ中継。

いざ始まってみると、普通だった。

別府始氏は実績があるとして、アナウンサーはどんなポンコツを取ってつけてくるのかと思っていたら、よかった。

(この人ならJSPORTSに来ても許す)

と思ってしまうのはダゾーンへの妬みであろうか。

(ハアこのまま何事もなく終わるのか)

と思っていたら、残り40キロを過ぎたあたりで突然画面がブラックアウト、再生できませんとの画面表示。

ダゾーン側の問題ではなくこちら側の問題であろうが、WHYどうして、いよいよレースが動くという時に。

原因がわからないからこその不安、生中継のスポーツ観戦において「一旦気持ちが切れる」というのはつらい。

たとえばスタジアムでサッカーを観戦していたとして、突然気を失い、意識を取り戻した瞬間に点が決まったようなものである。

「あっおっおうう」

となるであろう。

一度アプリを閉じてやり直したら復帰したものの、ここはネット世界。

「いわゆる世間一般の生中継のタイムラインから遅れとるかもしれん」

という一抹の不安は気持ちを盛り下げるのに十分だ。

ミユキさんダゾーンジロデイタリア開幕戦は1勝1敗1分といったところ、

残り20ステージの展開が気にかかるところだ(なにが

l カテゴリー:2017 ジロデイタリア l

l 2017 ジロデイタリア 第1ステージ l

2017 パリルーベ

 

ボーネンラストレース。。

ボーネンのラストレースとなると、半端なものは描きたくない。

レースの翌朝に眠気まなこで適当に描くわけにはいかない(適当言うな)

ボーネンのラストにふさわしいものを描こう。。

3本ほど描きましたが、一番しっくり来たのはこれでした

これと同じようなものを何度か同じようなものを描いてるんでなかったか。

しかしそれこそが後期ボーネンの印象であった。

選手としてのピークはおそらく下降しつつも、北の地獄でのその存在感は周囲を畏怖たらしめ、

勝利をせずとも印象には強く残た、まさにレジェンド、ボーネン、

 

ミユキ自転車に出てくる選手がヘルメットをかぶり自転車に乗っていた時代からいたボーネン、

ミユキさんにとってのロードレースの象徴的存在がまたひとり引退していくことは寂しいが、サンキューグッバイ、ボーネン。

でも今生の別れってわけでもねえよな、あらたな分野での活躍をお祈りしております。。

l カテゴリー:- l

l 2017 パリルーベ l

2017 ツールデフランドル

 

考えてみれば

日本で普通にフランドルが放送されていたことが不思議なことだったのかもしれない。

生放送で、何時間も枠を取って、日本語の実況解説つき。。

失って初めて気付く「普通」のありがたさ。。JSPORTSの存在。。

ありがとう。。

 

ジルベール

見たいときには

テレビなし

l カテゴリー:- l

l 2017 ツールデフランドル l

12|3|4567