主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

ツールドフランス2010 第3ステージ




ホーイ!!なんと!ツールの舞台にパリルーベの石畳が現れるぞ!楽しみだねえワーイ!

っていうねえテンションで見るのかなあと思ってましたねえ
コースプロフィールが発表された頃には。
実際に見てみると
シラーーーーッとねえしていました。
シラーーーーーッとする事になろうとは
白戸太郎さんもびっくりではないでしょうか。

たしかに
「普通のコース」でも、落車やトラブルで何かを失う選手らっていうのは
今まで何人も見てきたし
そういうのに巻き込まれない運、その運をたぐりよせる経験、が王者に必要なものでもある、
というのはやはり何度も見て来たと思うけども
今回のとそれは全然違うような気がしてならぬ。
何が違うのかっていうのが、こうパッと出てこないんだけども
多分、今回のコース設定からは
「ウフフフここで選手何人いなくなるかな?」
という主催者の意図を感じるからではないか。
選手がいなくなるようなコースを作っちゃいけません。
あくまでねえ選手らが己のパフォーマンスやチームの戦略を駆使できる
山あり谷ありの「普通に難癖ある」コースを作るべきで、
ただのバラエティー番組よろしく障害物レースにしちゃいけません

ツール

ツールというのはねえ僕は選手やった事ないから
実際に心に真摯に感じた事はないけど
ツール!というのは、自転車選手なら国籍問わず必ずあこがれる聖地だとお聞きしております。
そういったコースに面白がってハチャメチャコース作るのは
なんかちがうよなあ

ウム、、、。
l カテゴリー:ツールドフランス2010 l

l ツールドフランス2010 第3ステージ l

ツールドフランス2010 第2ステージ

 
※作曲作曲書いてるけど作詞作曲の間違いです。


ウオオー

ピノーってあいつ?

ユキヤの前でゴールした人?

あの野郎。

わあーシャバネルは、よお逃げはる人。

去年ツールで勝ったから味をしめてまた勝つ気やこの人。

去年やおもたらおととしやったわこわいもんやねー

時が過ぎるのは早いもんやねえ。

過ぎに過ぎたるもの 帆かけたる船
人の齢(よわい) 春 夏 秋 冬

清少納言。ねえ。







アカーン





後半の細い森の中の下りで落車につぐ落車、
しかもこれからメインを張ってツールを盛り上げていくであろうエース級の方々が落車しているっ
一体なんだというのか今年のロードレース、グランツールは。
ジロでも落車地獄であった。
雨等の天候もあるだろうけども
コース設定にも無理があるのではないか
そりゃあねえたしかにコースのバリエーションが多かったら面白いですよ
面白いと思いますけどねえ
でも僕らは面白いコース見るためにグランツール楽しみにしてるんじゃなくてねえ
そのコース上で繰り広げられる戦いっドラマッを楽しみにしているわけでね、
そこいくとコースなんかどうでもいいんです
マリオカートしてるんじゃないんだからね、安全な道でいいです
特に集団が他のどのレースよりもピリピリしているというツールドフランス
安全な道でいいです。
石畳とかは好きなやつが春に走ります。

明日は石畳、何もありませぬよう。

あっ
シャバネルすごいねえ
こういうことがあるから逃げを決める。
人生とはわからないものですね
あのときに逃げてたら勝てた
なんて誰でも言えますねえ
逃げてたからこそ勝つチャンスがあった
ねえ。
l カテゴリー:ツールドフランス2010 l

l ツールドフランス2010 第2ステージ l

ツールドフランス2010 第1ステージ




さあさあさあさあ


いよいよ始まりましたよ本格的なステージレースがっ

っくううー!

ツールドフランスの狂気じみた戦いの口火を切るのはもちろんっ
数々のスプリンターオールスターズによる

大!大!大!スプリント合戦

である例年どうり!

カヴェンディッシュが!
マキュアンが!
ファラーが!
そこらへんが!

ゴール数百メートルで見せる、
一瞬の駆け引きっ
200キロ走ってきて、一瞬の駆け引きっ
そもそも僕がやはりロードレースにはまったのはこのスプリントの迫力、
ここにはまったわけで、
このねえスプリントを見て、ズバッと!ああ、はじまったなあ、ツールが始まったなあ、
なんて思うわけですが、、、あんれまあ。

有力勢を含んだ小さめの落車



大!大!大!落車



締めを飾るのはゴール直前の落車っ



あんれまあ





アカーン



なんなんやー。
ジロもそうやったけど一体どうなっているんや。

l カテゴリー:ツールドフランス2010 l

l ツールドフランス2010 第1ステージ l

ツールドフランス2010 プロローグ

 

うおおー

ついに始まったねえツールドフランスが


LE TOUR!

VIVE LE TOUR〜!

ねえ。

僕なんかはあれだから。総合的にはあれだから、コンタとランスの行方しか見てないから。
去年はランスにひどい目にあわされたコンタさん。
今年はチームも違うから堂々とエースとしての待遇かと思いきや
ヴィノさんがいるんだなーアスタナには。
たしかにヴィノさんはコンタのアシストをする、っていってるけど
イヤー信じたくないなあそれは、、、(なんでだ)
l カテゴリー:ツールドフランス2010 l

l ツールドフランス2010 プロローグ l

12|3|