主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

2013 ジロデイタリア 第3ステージ

 

さあ
ジロもいよいよ第3ステージ、
総合争いも佳境となりました
残りわずか18ステージ、いよいよクライマックスですって

アカン!

一体プロトンに何が起きたのか
タイムトライアルではかなわないとウィギンス以外が早々にヤケになったのか
ウィギンスというより
ウィギンスを含めてみんな消えろ!
俺には何もおきませんように!
という風にしか見えなかったが
いいね!
いいのか。
しかしこれがアシスト勢を使っての揺さぶり作戦ならわかるが
エースのみなさんがただ対等な条件でがんばってるだけ
狂気のジロが始まった。。
l カテゴリー:2013 ジロデイタリア l

l 2013 ジロデイタリア 第3ステージ l

2013 ジロデイタリア 第2ステージ

 

切り離すことを前提に設定されたローテーションをまわし
仕事を終えたらさっさと切れていき最後には最小限の5人だけでゴールするという
ビジネスライクでかつチームタイムトライアル理想論を見せ付けたスカイトレイン。
理想を語ることは簡単だが
ペイトのトラブルをはじめ不可抗力によるトラブル、
選手は数値ではかれる機械ではなく人間であることを考えれば
その戦略を実行できるだけの能力を持った選手らにあっぱれです。
他のチームがいくら山岳要員をそろえてきたところで
山ではそれらについていけばいいだけの話である。
エース本人がそれらについていく能力と
意味のない揺さぶりに動じない精神力さえ持っていればいい
実力差がそのままタイム差になるタイムトライアルでさえ勝つことができるならば
極論すればスカイに山岳要員は必要ないのである
他のチームにその鉄壁スカイトレインを打ち崩すイマジネ〜ションがあるのか
どうなる!
ということを思わせるチームタイムトライアルであった。
僕としてはコンタ勝ってほしいので
まあ正直誰が勝ってもいいです。。

そういう目で見ると目に付いたのが
表彰台でのウィギンスさんのチームメイトへのこまめなスキンシップである。
去年のツールではスカイの鉄壁ぶりに内紛だけが話題となった苦い経験を持つウィギンスさん。
こまめなスキンシップでチームメイトとコミュニケーションをとることで
いらぬ造反の芽を摘んでいく作戦であろう。
もしくは単にチームの雰囲気がいいだけであろう。

ミユキ自転車でのウィギンスのもみ上げをどうするかはこのジロ中には答えを出したい。
l カテゴリー:2013 ジロデイタリア l

l 2013 ジロデイタリア 第2ステージ l

2013 ジロデイタリア 第1ステージ

 

今年のジロは初日が通常の平坦コースで新天地のオメガファーマで
ジロ2013オープニング勝利とマリアローザをリフト・オフ
やはり普通のスプリントであればカヴどんといった感じのスプリント
消え行くゴス先生

開幕しましたジロデイタリア。。
l カテゴリー:2013 ジロデイタリア l

l 2013 ジロデイタリア 第1ステージ l

12|3|