主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

2013全日本ロードレース選手権

 

雨と風と霧と坂!

2013全日本ロードレース選手権の観戦レポートをアップしました。
l カテゴリー:レースレポート! l

l 2013全日本ロードレース選手権 l

2013 ツアーオブジャパン 堺ステージ

 

先日行なわれましたツアーオブジャパン堺ステージのやつアップしました。。

そのページへ行きます!
l カテゴリー:レースレポート! l

l 2013 ツアーオブジャパン 堺ステージ l

2012 経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップ

 

どうもー!
皆さん世界選手権見ましたでしょうか?
先日もお伝えしましたとおり僕は広島は中央森林公園で行われました
経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップに行ってきました。
今回もレポートは別ブログに大きい写真で作りましたので
少しでも現地の雰囲気が伝われば幸いです、

2012経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップ
l カテゴリー:レースレポート! l

l 2012 経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップ l

初開催!トラックパーティ!


写真は翌日のものです

ロードレースの大会も開かれる伊豆CSC(サイクルスポーツセンター)に突如として現れたUFOかと見紛うような銀色の物体。
今年完成したの伊豆ベロドローム…自転車のトラック競技が行われる場所であった。
そのオープニングイベント(少し前に全日本選手権が行われたけど)として華々しく開催されたのが



トラック競技が行われている中で飲めや歌えの大騒ぎ、
ヨーロッパでは頻繁に行われている6日間レース(文字通り6日間トラック競技が行われている中で飲めや歌えの大騒ぎするイベント)を模して、日本では初めてとなる形式の大会というか、祭り、イベントである。
それに行ってきました、もう僕は楽しみで楽しみで、6日間レースというとインターネットのストリーミングで見るばかりで、見ていると、いいなあ、トラックの中で飲めや歌えの大騒ぎ、どんな感覚なんだろう、楽しそうだなあ、と思っていたら、こういうイベントをするって言うから行かねばなるまい。



近づくとまばゆいばかりの光を放つ真新しい外壁!
新しいもの好きの僕としてはこれだけでもう2,3時間はいけます、ここで2,3時間はジッとしていられます、横に見える坊主頭の青年たちは伊豆CSCに隣接している競輪学校の生徒ではないだろうか。


飲み放題!

建物の中に入ると、物販ブースがあって、そこを横に行くと、階段で下に下らされます。
トラックの下を通って中へ行かす気だ!めくりめく期待感、見えてくるベロドロームの天井、自然と足は速まり、階段を駆け上がる!


飲み放題だから気にしない!

じゃーん!
これができたばかりの伊豆ベロドロームだ!
新しい建物のにおいがする、化学物質的なにおいと、全面木張りのトラックコースの木の香りだ。このトラックコースというのは250mバンクといって一周250m、僕が見てきたトラックコース(競輪場)のどれよりも狭いのだけど、最初の印象は「広い」だった。
頭上にそびえ立つ緩やかな曲線を描く天井、複雑で美しい幾何学模様を描く枠組み、そして周りを見渡すと、もちろんトラックが360度囲んでいる。
ここが競技場なのか、否!これはもやは「舞台」であろう。たとえばバレエやオペラが上演される劇場(大ホール)、その舞台といったほうが、これを形容するにふさわしい。。。エンターテイメントが繰り広げられる舞台だ。

って!
って!
画像間違えてたー!飲めや歌えの大騒ぎが楽しくて、画像間違えてた!てへー!
続きを読む >>
l カテゴリー:レースレポート! l

l 初開催!トラックパーティ! l

2011 JBCF 全日本トラックチャンピオンシップ



ということで
ブエルタ・ア・エスパーニャもえんもたけなわではございますが
先日9月4日に行われました
JBCF(全日本実業団自転車競技連盟)全日本トラックチャンピオンシップ
に行ってきました。文字通り実業団のトラック競技、いわゆる写真のような楕円形すり鉢状のコースいわゆる競輪と同じようなコースで行われるような自転車競技です。
本当は3,4日と二日間に分けて開催される予定だったのだが、
土曜日に台風が直撃したので、3日は中止になって、それであれば4日に全部やっちゃえと
なかばむりやり柔軟な対応で開催された4日の競技、見るほうからすると一気に見れてもうけもんであった。



トラック競技はトラック用のバイク「ピストバイク」を使用して行われる。
ぱっと見はロードレースのタイムトライアルバイク的な印象だが、ブレーキなど「速く走るために」に余計なものが一切ない、あとギアも見てください、重いギアが一枚しかないし、これは普通の自転車とは違って、「固定ギア」といって「タイヤの一回転=ペダルの一回転」という駆動方式と申しましょうか、こっちのほうが効率はいいらしい。つまるところタイヤが動いている限りペダルも動いているというギアなので、普通の自転車のように「ふう」と足を止めたりできないぞ。勝手に足を回されるのだ。あとなんかタイヤがすごい細くて硬いし、フレームも硬さ(エネルギーロスの少なさ)優先な感じらしいです。
公道を走ったら危ないからダメだゾ。
タイムを競う競技は写真のようなハンドル、エアロバー?を使うが、人と争う競技の時はドロップハンドルみたい。



トラック競技で一番目を引くのはやはりこのすり鉢状のコース形状。
楕円形のコースで、高速でもカーブを曲がりきるために、コーナーが中心方向に向かって傾いているのだ。コースのことを「バンク」というと通っぽいらしい。
この「バンク」は場所によって長さが違ったりするので、「400mバンク」とかいうともはや玄人。

なんで今回トラックを見に来たかというと、
まあトラック競技にも若干の興味があるとはいえ、なんといっても、
新しくできた伊豆サイクルスポーツセンターの「伊豆ヴェロドーム」で10月29日に行われる


に行くんですね私、皆さんは行かれますか?
それが楽しみでねえ、それの予行練習というか、予行練習というとちょっと失礼な話だけども、なにぶんトラック競技の観戦経験は浅いもので、トラックパーティの前に見ておこうかな、と、そういうことをねえ思った次第であります。
続きを読む >>
l カテゴリー:レースレポート! l

l 2011 JBCF 全日本トラックチャンピオンシップ l

ツールドフクオカ2010 1



第一回!

ツール・ド・フクオカ

に行って来ました。

ツールドフクオカ2010。

実際の所、僕近畿に住んでますやん、福岡とか遠いですやん、
行くか行くまいか迷いました。
自転車ロードレースというと、やはり僕としてはジャパンカップよりも「実業団レース」の会場のイメージが強いわけで、まして、このツールドフクオカはその実業団よりもまあなんと言いますか、参加チーム的には「しょぼい」わけじゃないですか、僕はまず心配になりました、ええのか、そんなにたくさん屋台とか出していいのか、来るのか、観客来るのかなあー来ないんじゃないの?実業団レースとか見たことある?閑散たるものになるんじゃないかなあー、そんなものを僕は何時間も何万もかけて見に行く必要があるかなーないんじゃないですか。
とか迷ったんですけど、今年のロードレース観戦の締めくくりとしてっ
あと博多のラーメンとかを食べたいと思ってっ
不安とちょっと後悔を持ちつつ新幹線に乗って博多へ(指定席とったやつ乗り遅れた)



結論から言うとこれだから!この観客の数!
もちろんこの人たちは「全員レース観戦のためだけに来た」わけではなくて
ツールドフクオカの一環として行われた「シティライド」、福岡市内のチェックポイントを自転車で回って景品とかをもらおう!というイベントのついでにここに来ましたっていう人もいようが、観客であることには間違いなく、彼らはレースを見ていたわけで、この観客数は、日本ロードレース界の中で1日あたりでいうとジャパンカップの次ぐらいの多さではないか、ツールド北海道とかツールド沖縄とか行ったことないですけどこれぐらい集まりますか?
ツアーオブジャパンなら同じぐらい来てるかもしれんという気もしてきた。
しかしながら、少なくとも日本ロードレース界ではまれに見る観客の多さに僕は感動した!



ツールドフクオカのレースイベント「クリテリウムDEアイランドシティ」は博多の北の方の埋立地アイランドシティで行われた。
この真ん中の長方形の道路がコース
一周も短いし単調なコースだけども、やはりロードレースになじんでない地域、むしろ日本全域、ぐらいでのレースはこういうコースの方が見ているぶんにはわかりやすくていいなあとは私常々思って降ります。坂とかあっても大体の人はコース上何箇所も回らない事が多いですからね、、、しかも今回はプロの場合一周2,3分でまわるから次々に集団が通る。待っている間の暇がなくて楽しい。



福岡タワーから見るとこんな感じ。
こんな感じって言われても。


続きを読む >>
l カテゴリー:レースレポート! l

l ツールドフクオカ2010 1 l

ツールドフクオカ2010 2



いわゆるスタートゴール地点があるストレートホームストレートの沿道には観客がズラーッと!
すごいっ感動した!こんなに人が来るイベントだったとは!なめてた!
思えばロードレース僻地と言われる九州
トップクラスのチームが来るレースとなると熊本国際ロードレースぐらいといったところ
おお来た、やっと流れが俺達にも来たのか、といったところか九州、
アクセスも大変よい。
博多から電車だと10分やそこらの駅から徒歩2、30分(他のレースとくらべると十分アクセスがいい)
そして博多から現地までのバスも出ている、一時間に一本だけども(普通はない)。



スタート前を上から見つめるの図
チャンピオンシステムというのはジャージ屋さんだ。自分でデザインしたジャージを作ってくれる。
結構安価で質もいいコストパフォーマンスに優れたところだとお聞きしています。



近くには福岡空港もあるから飛行機がよく飛んでいる。
それにしても福岡空港はすごい飛びますね!バンバンバンバン離陸して行く。
プロペラ機から大型ジェット機まで、飛行機フェチの方にもおすすめのツールドフクオカ。

続きを読む >>
l カテゴリー:レースレポート! l

l ツールドフクオカ2010 2 l

博多で食べたやつ



天神にある赤のれん節ちゃんのラーメン。
醤油ベース?のとんこつラーメンで平たい細めんにスープが絡んで僕はとんこつラーメンと言うともっとドロッとしているものだと思っていたらドロッとしてはいるものの天下ふっふんのようにいつまでも口の中にいすわるような下品さはなく「おう次を口に入れなよ」といわんばかりの潔さ。



博多を案内してくれたナイスガイ、グルメパンダ(仮称)さんおすすめの呉朝明(ごちょうめ)というところでゴマサバを食べました。漬けによって引き締められたサバ独特の風味がゴマとねぎと共に口の中であでやかなる三重奏を奏でる。



グルメパンダがここにきたら絶対食べるという焼きワンタン
ザクッときてバリバリサクサクといった食感の快感をすべて兼ね備えたといわんばかりの食感の宝石箱やー!バリッとサクッとジューシー。柚子胡椒と酢醤油でいただきます。へえー酢醤油に柚子胡椒ですか、と言うと、普通ですよ!といわれたが、普通ですか。僕は初めてだった!おいしかった!
五皿ぐらいはいける!一個でビール生中一杯いける!



呉朝明のラーメン。
先ほど節ちゃんのラーメンを潔しと言ったがこのラーメンこそがとんこつラーメンの侍魂、博多の心意気ではなかろうかといった存在感あるスープと、いやみがまったくないコクの深さに、何度でも口に運びたくなることもはや水の如し。おお、とんこつを極めればそれは水となるのですね先生、
博多で食べたラーメンの中でこれが一番美味しかったです。
そもそもここ呉朝明はラーメンの専門店ではなく居酒屋っぽい感じではあるもののそこがこのようなラーメンを出すのかと惚れた、店内では随分とご高齢のおばあちゃんが注文をとるその雰囲気に惚れた、ここでぜひしこたま飲んで締めにこのラーメンを食べたいものであるなあ、ぼかあもう博多に住む事になろう。
ただここは居酒屋らしいのでラーメンがない事もあるらしい、行く時には確認した方がいいかも。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
屋台で長浜ラーメンを食べた。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



レース会場で食べたラーメン。
イメージとしてはこれが僕の想像した、知っているとんこつラーメンといった所、
どーもどーも、あ、どーもどーも、といった感じのスープに博多では一般的な麺に何よりも外で食べるラーメンというだけで得点はプラス50点はかたい、おいしいおいしい。



やはりグルメパンダが前日にあすこのもおいしいんですよおと言っていて、その時はさすがに腹がそんなに一気に受け付けてはくれません、、無念、ああ無念、と過ぎて言った店、レース会場からの帰りにふと見るとあった、あったではないかその暖暮が、吸い込まれるように店内に入るとまたラーメン。5杯目のラーメンにさすがに飽きるかと言ったところだがおおうまい、おいしいおいしいと食べるところやはり暖暮のラーメンのもつポテンシャルの高さであろうか。このころになるとラーメンの撮り方に気付き麺をちょっと出しているものの単焦点のレンズを使うべきだったがレースに深く感動して疲れていたのであろう。



博多駅で食べたもつ鍋。
l カテゴリー:レースレポート! l

l 博多で食べたやつ l

シマノ鈴鹿2010 ミユキさん初レースでござる の巻

 
クリックするとそのページに行きます。

今回は漫画でレポートを書こうといういつもと違った趣向でいこうと思い
5,6ページかなーと思って何も考えず書き始めたら24ページになったので
お時間があるときにごらんください。
今回はミユキ役として今年全然よくなかったボーネンさんを始め
マキュアンさんチッポリーニさんロイドさんウィギンスさん忍者さんが友情出演してくださいました。

シマノ鈴鹿最高!

あと写真もいくらか撮りました
というか基本一日目のサイクルマラソンとチームTTしか撮ってないよーん
今回はすべてカメラで撮ったまま大きいサイズですよ!

Flickr:シマノ鈴鹿
l カテゴリー:レースレポート! l

l シマノ鈴鹿2010 ミユキさん初レースでござる の巻 l

JCF MTB JAPAN SERIES J1 DHI#1 in 箱館山 2010 !

J1箱館山 ダウンヒル

というわけで
ロードレースをたくさん見に行ってやるんだわあわあなんて言ってたミユキさんですが
何の因果か気がついたらマウンテンバイクのダウンヒルに行ってた。
これはあれだなきっとシクロクロスの影響だな
シクロクロスはね。ロードレースのひとがオフシーズンに、マウンテンバイクの人がオフシーズンに(マウンテンバイクは夏がシーズンなんだ虫が多いのに)って感じで参加するから、なんとなくマウンテンバイクが身近になった感がありますねありがとうシクロクロスおぼえとけよお

5月3日に箱館山で行われましたこのマウンテンバイクジャパンシリーズ J1 というのは
日本のマウンテンバイク競技のなかでトップクラスのシリーズ
サッカーで言うとJ1ですね。野球で言うとパリーグです。セリーグわい。

一口にマウンテンバイクって言ってもですね
クロスカントリーといって周回コースを大人数で走って順位を争うレースと
ダウンヒルといって一本道の急な下り坂を一人ずつ走ってタイムを競うやつと
その他もろもろ 色々あるんですが
オリンピックのスキー競技とかと同じ感じですね

そのなかのダウンヒルっちゅうのを見に行ったのです
以前テレビで見て気になっておったのです
だってねえ岩肌とかがでとる急斜面、徒歩でもあわあわ言うようなところを
自転車で勢いよく降りるってんだから

J1箱館山 ダウンヒル

会場はねすごいたくさんの車がね!来ていましたね。
箱館山って滋賀の西の北のほうの山なんですけど、練馬とかからもきていたようでねえ
さすが日本トップクラス!のシリーズと言わんばかりの熱気で
メーカーのクルマもたくさん来ていて、一応出店的なものもあって
祭的な雰囲気があってですね、
ロードレースより楽しい感があるな、、、とか思ったけども
初めて行ったけど妙におもしろそうだなあと思いました
3日間通してレースが行われたのだが
会場のそばでキャンプをしたりして3日間おるとかいうのもありで
レジャーやでこれは!と興奮した次第
マビックカーもあるけど山間部には入らないよ!

続きを読む >>
l カテゴリー:レースレポート! l

l JCF MTB JAPAN SERIES J1 DHI#1 in 箱館山 2010 ! l

123|4|56