主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

Jツアー2010第3戦東日本大会 FR



仕事が終わると、僕はその身のままでレンタカーを借りて、夜の高速を走っていた。
視点の中央から視界の外側へと流れて行くオレンジ色の照明
時折現れる緑色の標識がそれらにアクセントを加える。
そしてとどまったり、あるいは消えていったりするブレーキランプ。
それらはまるで闇に突如として現れた光の前衛アートのように思える。

僕はゆっくりとアクセルを踏み込む。

直列3気筒1000ccのエンジンの小気味よい加速。

3000...3500...4000…上がる回転数。

制限速度は80キロ。動物注意。

ハンドルは風にとられて。

バックミラーに大きくうつるヘッドランプ。

ハンドルの左のレバーを下へ。

点滅するウインカー。

僕はすみやかに、しかし確実に走行車線に戻る。

勢いよく僕を追い抜いていく白い営業車。

まぶたは鉄のように重くて。

視界が重いストリーミング映像のようにカクカクと動く。

時折聞こえる甲高くも重い響きは、きっとタイヤが白線を踏んでいるのだ。

そうなんです。
群馬サイクルスポーツセンターで行われましたJツアー第3戦に行ってきたっほーイエー。
なんでってこれがね奥さん、土曜日にあったんですよ。
ええ日曜だったら見に行くのはかなりネガティブになったけども
でも土曜日ならいけるぞ、余裕持っていけるぞ、と
レンタカーでねえ行って帰ってきましたよ往復1000キロ超。
やるじゃないですかミユキさん。
一人で2日で1000キロ走りましたよーって言う人は
まあ多分日本で1万人はいないんじゃないですか。
いや結構いるか。職業ドライバーとかは走ってそうですか。まあいいか。
高速バスもありましたけどレンタカーのほうが安いと思ったらまあ高速代(ETC休日のやつで往復2000円)とガソリン代入れたら若干レンタカーの方が高いなあぐらいで。
でも最寄の駅からの足と
レース後に温泉とかとりめしとか天津飯とか行きたいし自由度があるっていうことを考えると
まあ自分で運転することを考えても
若干バスの方がよかったかなあ、ぐらいですかね、、、。疲れるよね実際ね、、、。



コース近くの駐車場。
門が開く6時30分前ぐらいにはもう入り口に車の列が出来ていますねえ
このコース図で言うところの真ん中の四角の下にありますね。
未舗装。
下にも駐車場があって、そこからここら辺まで結構な頻度でシャトルバスが走っている。
最寄の駅からの道は6キロぐらいでこれがなかなかの坂なんだ
この坂を輪行で来ますっていうならあなたレースに出なさいって坂ですから注意



その四角のところで出走サインをするみなさんの列。
すごく寒いんだよお
二日前ぐらいまではなんか雪降るんじゃねえの、凍結するんじゃないの、ぐらいの勢いで。
でも天気予報は外れて青空も広がってとてもよかったと思います。
ただ寒いだけです。寒いだけです。風もある。
五月も近いというのにこの寒さとは、ちょっと群馬なめてた…。
あっでも群馬はなんか妙にとんがってる山が連なってたり、
すくなくとも群馬CSCの周辺は高架?陸橋が多かったり、
山フェチで高架フェチな僕としては疲れてる朝から結構興奮していました。



あと群馬CSCは廃墟フェチにもお勧めです。
しかし寒いなあ
桜とか満開ぐらいかなあとか思ってたらここら辺には桜の一輪も咲いちゃいなかった。
群馬CSCは小高い丘の上にあるのだけども
その丘をちょっと降りたら桜満開なんですよもう満開とゼロの境目がねそこにはあるんですよ。
桜が一本も植えられてないとかだったらごめん。



そしていよいよその寒い朝一番8時に女子カテゴリーFRがスタートするよー!
ヒイー半ズボンじゃないですカー!ズボンとはいわないかー!
寒くないんですかー!いくら動くっていっても寒いんじゃないですかー!
とおもってたらなんか長ズボンが禁止されとるとかされてないとかいう話だという
フムUCIの規則では「基本的には膝上までのパンツじゃないとダメ」となっとるらしい寒!

続きを読む >>
l カテゴリー:レースレポート! l

l Jツアー2010第3戦東日本大会 FR l

Jツアー2010第3戦東日本大会 TR




オ オワアアアア


雪ー!雪ーっていうか吹雪ー!

たしかにすごい寒かったし、細かいみぞれというか氷がぱらぱらと降ってきていたし
雪降ったりしてなあ、なんてことを思っていたけども
まさかここまで降られるいわれはないよ。吹雪だなんて認めたくないよあたしは。
4月後半だよ。もう五月だよ。ゴールデンウィークですよ。



なんかの罰?修行?いい言葉が思い付きませんよ。シクロクロスかよ!
っていうとシクロクロスが罰ゲームみたいな言い方じゃないか失礼しました。



レースで見る雪もこれが最後ねと
季節はずれの雪が降ってる
スタートを待つ君の唇が青白い
クリームでテカッた 半パン

名残雪で 視界が悪い
逃がしすぎた 選手の後で

いまバイクきてその差が 一分だった
さっきよりずっと 絶望的だ

なんて替え歌を歌ってフンフンフーンなんて言ってたのはもう10分ぐらいでね
これはたまらんと車に逃げ込みました。
こういうときに車があると大変よござんすね、ないともう耐えるだけだもの。
っていうかね。関西の冬はこんなに寒かったか?ぐらいの気持ちですよ。
服はまったくの冬装備だったけど、それでもこの冬一番「寒い」って感じたかもしれん。
群馬こえーわ…。
車の中で練乳ソフトフランスパンと一瞬で冷えた温かいコーヒーを食べると
(っていうかこれ積もったらわし帰れん)とか不安になるぐらいの降りよう。
(もう帰っちゃうか、帰るっていうか温泉めぐりしたらさぞ気持ちよかろう)という誘惑が頭にふわふわしたり。イヤここで帰ったら君、往復1000キロの旅がさぞ滑稽なことになるよと思いとどまったり
ミユキさんは寝た。いやせっかくだからとERとかBRもみようと外に出たり 



ビュンユーン



ブワーン

なんてことを撮ったりやっぱ車で寝てようと戻ったりしていると、
いよいよTRがはじまる時間だワーイ!



サイクルスポーツセンターとかいうからにはなんかアトラクション(さびついた)が色々あるんだけど
暖かくなってくると人が来るのかな、ゴールデンウィークとかにはにぎわうのかな、
きっとそうでしょうねっ
ちなみにさっ出走サインしとった場所にはレストランがあってね
お昼時だけは料理を作ってくれるらしいです
フランクフルトとかからあげもあるよーんと放送していましたねえ




続きを読む >>
l カテゴリー:レースレポート! l

l Jツアー2010第3戦東日本大会 TR l

舞洲クリテリウム2010



っていうことでね!
4月18日に行われました舞洲(まいしま)クリテリウムに行ってきました。
ウエムラパーツ(自転車屋さん)に行ったついでとかでは決してない。
安いと評判のウエムラパーツがメインでは決してない。
サイクリンググローブがお安かったので買いました
「二個買ってもらおうおもてこんな安くしてるんです」とおばちゃん。
すいませんひとつしか買わなくてすいません
そっそんなグローブのローテーション考えるぐらい毎日はっ…乗りません…から
ウフフそうそうそうそうなんです、ミユキさんやっとロードレーサーを買いました
と言っても納車は5月末ですけどもねえ
「えっ今までもってなかったんですか」とか言われますが
悪いですか。
楽しく乗れたらいいなーと思います。
とりあえずの目標は今年のジャパンカップ(本選)で優勝することです。
スパーン(何者かに頭を叩かれた音)



大阪は舞洲といいますとサマーソニックとかの野外イベントが行われるとこらしい
その名残か結構交通の便がいいです。最寄の駅から一時間に2本ぐらいバスが出ている。
僕は車に乗せてもらいましたけどもねえ。
ただまわりには何もないです。
そういうだだっ広い広場をぐるぐる回るだけのコースです。本当にぐるぐる回るだけ!
上の写真でコース全部見えてますから!



FRのスタート!
ウム今回はTRクラスいわゆるシマノレーシングとか宇都宮ブリッツエンとかが出るレースはないのです。そういうレースが結構ございますので各自全日本実業団自転車連盟のホームページで調べるように。あとそのほかにもいろんなレースがあるので日本自転車競技連盟とかで調べるように。
あとシルベスト(有名な自転車やさん)のレースカレンダーもいいよ!あと各地域の車連でもやってたりするらしいからわけわからーんといいながら調べてみるといいですね。


続きを読む >>
l カテゴリー:レースレポート! l

l 舞洲クリテリウム2010 l

Jツアー開幕戦!熊谷!FRまで!



風であった。それも激しい風であった。
品川の空は狂気じみた叫び声を上げ
高速バスで眠れなかったミユキをあざ笑うかのように雨を降らせる。
前日にね!
前日に大阪をね関西の自転車好きの方々と観光したんです
その後エスキーナで飲食し、そのまま高速バスに乗って熊谷に向かうという強行軍!

そう熊谷で行われる、Jツアーいわゆるジャパンサイクルロードレースツアーの開幕戦に行ってきました。

しかもね!当日夜にまた大阪に予定があるので新幹線でアタックアンドゴーですよ。
つまるところ大阪-熊谷-大阪の弾丸ツアーですよ。
リエージュ-バストーニュ-リエージュ?なにそれたいしたことないよ、
だってそれは高速バスには乗らないでしょう!
ほんとは最初はその大阪だけの予定の週末だったんですが、
「あーなんかがんばればいけるやん」という軽いアレで、
思い立ったが吉日で行ってみたら風だよ!
強風だよ!
朝五時ぐらいに品川に下ろされましたよ。どうしろっていうんだよ。
真っ暗なビルを見上げるとそこからはまさに
異形の音が地上に鳴り響く。
なんかラスボスとかが出てくるんじゃないかなあといった
すごい音、ギュオオオオとかギャオオオオオオいう音ですよ。
もう怖いのと気象現象フェチとしては楽しくなっちゃって



ウワア電車も止まってるよお赤くなってるとこが運転見合わせです
京葉線と言うと舞浜いわゆるディズニーランドがある方面ですよねえ
ディズニーランドに行く人は困ってるだろうなあ



その約10分後ぐらい。
ギャアア一気に赤くなったよ!やばいよ!
と思いながら品川から乗換駅の上野に行くと
熊谷まで行く高崎線も運転見合わせギャアア
関東の交通事情に明るくないミユキさんが熊谷に行く手だてはこれで失われた
なんということでしょう高速バスでがんばって来た僕へのねえ これが仕打ちですか
そうですか関東は僕にこういう態度に出ますか。
そういうことをツイッターでつぶやいていたら
朝もはよから親切な方々があーだこーだとアドバイスをくれてありがたいありがたい
結局一番わかりやすい上越新幹線で向かうことにしました
プラス1700円ぐらいの出費
新幹線は止まってなかったんですよさすがだね新幹線。
続きを読む >>
l カテゴリー:レースレポート! l

l Jツアー開幕戦!熊谷!FRまで! l

Jツアー開幕戦!熊谷!TRとか!



ずらーっと並んだTRクラス
いよいよ実業団トップレベルのカテゴリーの開幕戦のスタート!
だけどもねえ
き、来てない!有力どころがそんなに来てない!
っていうかまず、チーム自体来てないところがあるから。開幕戦なのに!
シーズンの始まりをつげるレースなのに!
他のとこに行ってるというのもあろうが
遠いからか。遠いからなのか。
背に腹は変えられないのか。きびいしいか、、、。
そういえば関東のチームが多いっていうか、ほぼソレのみっていうか
そういうものなのか実業団レース。
っていうか農場ってつくチーム多いな!
しかし開幕戦なのになあ、とちょっとがっかりする僕です。



ただ宇都宮ブリッツェンは本気!
まあ近いのもあるかもしれない!?
だってねえ見てくださいブリッツェンフェアリーまで送り込むんですよ本気じゃないですか(そこか)。
このブリッツェンフェアリー、すごい衣装着て来てみたものの
どう振舞ったらいいのかしら、もっとワーッってやったほうがいいならするけど…
パラソルでも差すか…あ、やっぱ閉じるか…といった微妙な立ち位置。
とりあえず横で見とくか…そんな感じ



ねえねえ辻さんこっち向いてよとフェアリーさん

続きを読む >>
l カテゴリー:レースレポート! l

l Jツアー開幕戦!熊谷!TRとか! l

全日本シクロクロス2009男子

ALL JAPAN CYCLO-CROSS CHAMPIONSHIP 2009

豊岡選手に「おめでとー」といったあと、辻浦選手はコースの直前チェック。
「担いで登る区間」を入念にチェックする辻浦選手。
ここ来て、あそこ来て、こうだな、ウム、いやこっちか?と登りやすい足の踏み場を探しているようであった。7連覇してる今でも、なめてはかかってない、という、プロ魂をねえ、垣間見ましたよ。

ALL JAPAN CYCLO-CROSS CHAMPIONSHIP 2009

ALL JAPAN CYCLO-CROSS CHAMPIONSHIP 2009

男子の前に行われた、、、C3だっけかな、それで勝った男女。下のカテゴリーではマウンテンバイクで出ている人もいるから、興味ある人はみなさん気軽に参加するといいですよ。僕は、、、いいです(えっ)

ALL JAPAN CYCLO-CROSS CHAMPIONSHIP 2009

全日本シクロクロス男子、スタート前の皆さん。
直前までは寒いので各自ウィンドブレーカーとかを着ます。
なんか、地元の偉いさんの挨拶のお言葉、とかがあったんですけど、誰も聞いてません。
いや、加東ロードレースの時はもうちょっとなんかなあ、と思ったけど、今回は「いるか?」と思った。いるんやろうか、こんな、別にお立ち台もないところでの、レース前のお偉いさんの挨拶。
突然道の脇で挨拶しだすんだけど、なんか長いし、寒いし、注目しろっていうほうが無理な話で。
そうおもっていると、がらぱさん(各レースを現地で実況してくれるナイスウーマン!)
「本日のスターターを勤めていただくのは特別ゲストで…」と。
(べつにいいだろもう)と思っていたら、

「プロレスラーで衆議院議員の、馳浩議員です!」

「えっ」とミユキ。「おおー」と選手ら。
「一言お願いします!」とがらぱさん。
すると馳浩議員、いや、プロレスラー馳浩、


「おう!お前ら!おい!」とまるでリングパフォーマンスの威勢。



「オオー!」
と選手ら。




「気合出せ!オラ!気合だ!」



「ウオオー!!!」




「以上!」




「ウオオオ!」



うむう「プロレスラーは特別」というのはマジだな、と一人納得したミユキであった。


続きを読む >>
l カテゴリー:レースレポート! l

l 全日本シクロクロス2009男子 l

全日本シクロクロス2009 表彰式



(はあーなんでこんなことしてんにゃろ、家でこたつにはいってみかん食べたい
あー猫なでたい)



ブラシでごしごし



キャーセクシ−!
レース後はそこらじゅうで掃除合戦ですよ。バイクも選手自体も。
っていうかさぶ!さっぶいやろ裸は!



表彰式を前にうろうろする豊岡選手。
ウフフさっきとはえらい違うかわいい自転車に乗ってるなあと思ったら
トヨタF1のやつだった…合掌。
続きを読む >>
l カテゴリー:レースレポート! l

l 全日本シクロクロス2009 表彰式 l

全日本シクロクロス2009 女子



っていうことで
石川県は金沢市キゴ山で行われた

全日本シクロクロス選手権2009

に行ってきましたよ!文字通りシクロクロス日本一を決める大会です。2009−2010年にかけて日本チャンピョンジャージを着れるという特典つきです。先日レポートにも書きましたマイアミランドシクロクロスで正直シクロクロスが気に入ったミユキ、今年はたくさんロードレースを見に行ったし、来年はどうなるかわからないので、もうせっかくだから今年のしめとして、遠いけど石川県までレースを見に行こうと決心した遠いけど。
結果からいうと、大変行ってよかったです。
みなさんも近くでシクロクロスをやるっぽかったら、見に行かないと言う手はないですよ!行こう!おもしろいよ!あと地域で行われるシクロクロスはカテゴリーもたくさんあって、パンピーでも気軽に参加できるらしいから、出てみるのもいいのですよ。参加者の方々はけっこう「楽しい」と口をそろえます。
僕ですか?僕は…いいや…。(えっ)

上は「金沢駅東口」です。とても立派な駅ですねえさすが観光地というだけある。
しかしツイッターの方から「改札口がいまだに有人らしい」と言う話を聞き、
ばか言ってんじゃねえこんな立派な駅なんだから当然自動改札駅ですよ。
うちの近所の駅も田舎だけど自動改札なんだから。



有人だった〜!

な、なんでや、なんでこんなに立派な駅やのに有人なんや…改札で駅員さんに切符を渡す、拙者は多分小学生以来、十数年経験しておらんですよ。ウムウ。
駅をうろうろしていたら、「ちょっとちょっと!」と呼び止められ、なんぞ、と思ったらそこは改札だった。うむうーすいませんすいません、「改札」というと「改札機があるもの」とねえ偏見を持っていたから、逆に「改札機がない=改札じゃない」ですから、気付かなかったですよ。不思議だねえ。



金沢駅には改札以外はいろいろあって、そのうち「あじわい館」というところには普通のレストランから日本海の海の幸を出す的おすし屋さんとかその他がたくさんある食のエンターテイメントスポットなんだけど、自分は「海鮮丼」をいただきました…ぶちうめえ。魚がうまいのはいわずもがなで、あと、なんていうの、魚醤油なのかなあ、醤油がまたうまくてさあ、魚のおいしさを最大限引き出すわけですよ、能登半島なめてた、
ぼかあ能登半島の実力なめてましたよ、ひどくおいしい。



あと金沢駅近くをうろうろしていたら、近江町市場がありました。
近江町市場、市場っていうからには海の近くにあるんだろうとおもってたら、街中にありましてびっくりした。すごい活気ですねえ魚天国ですねえ。



カニ解禁が最近あったので、カニもたくさんありましたよ。結構大きいカニが一匹600円(タイムセール、外国産ですけど)。ウムウ市場ですねえ。
あとその近くの金沢城跡とか兼六園にも行ったけどフーンって感じでした。
金沢城跡の広大な敷地でシクロクロスしたらよくねえ?
急斜面とかあるし、池とか石垣もあるし、、、石垣を登るニンジャシクロクロスで…

ってそうそうそう、そのシクロクロスの話わい!いうことで…



翌日、会場についたー!
キゴ山はふれあいの里で行われる全日本シクロクロス、金沢駅からバスで40分ぐらいだが、そのバスは朝9時ごろと、16時ぐらいの二本しかないという(休日ダイヤ)行きはちょうどいいとしても、2時ぐらいにおわるシクロクロス観戦としてはきついわ…。しかも乗りすごしたらもうそこでアウトだし…
泣く泣くレンタカーを借りたミユキ、借りるときに「一番遠くでどこまでいかれますか」と聞かれ「キゴ山です」と言ったら「キゴ山…?」と微妙な顔をされました。



僕は知らなかったんだが全日本選手権だけでなく、「北陸シクロクロス」も併催されてたらしく、
朝もはよからすでにレースのひとつが終わってたみたい。
駐車場では使ったバイクをこうして洗ってたりして、駐車するのに随分気を使った。
このドロドロ具合を見て、「ウフフええがなええがな」と嫌がおうにもテンションがあがるミユキ。
シクロクロスはそんなに見ていないけど、やはりシクロクロスというと、ドロドロ、じゃないですかウフフ



中央が表彰台、左奥が駐車場、右奥に行くとレース会場。
スタートだけはなぜか道路を左奥にいったところにある。そこにトイレもある。結構遠い。
続きを読む >>
l カテゴリー:レースレポート! l

l 全日本シクロクロス2009 女子 l

サイクルモード大阪2009




インテックスのイチョウ並木も鮮やかに色づきはじめた昨今のアレですが皆様いかがお過ごしでしょうか。わたくしはそのインテックス大阪で先日行われましたサイクルモードいうて自転車とかパーツとかの展示会に行って来ましたよ。



こんなにホイールいらんやろ!というね、そういうことしか思わないよね、
なにせミユキはねえ機材的なことは全然わからないときたもんだ。
しかし軽いねえ、ちょっと触っただけだけど「あ、これは軽い」と思ったねえ。
「サクッ」と折れてしまうんじゃないの?とか思うぐらい軽い。




こんな風に会場ではあらゆる自転車の試乗ができるんだ。
カメラに35mmの単焦点レンズしか持ってないからあんまり写真は撮ってない、
単焦点ってズームとかできないやつです。
なぜって荷物を軽くしたかったからねえ僕も試乗をしたかったからさ!
ああ〜ピナレロ、ピナレロカッコイイカッコイイピナレロ



粛々と輪行の実演を行う。



キュートなメルクス
続きを読む >>
l カテゴリー:レースレポート! l

l サイクルモード大阪2009 l

第45回 全日本学生自転車競技新人戦・西日本大会

 

昨日は競輪を見に行ってボロボロに負けてきました!
というわけではなくてですね、、、

第45回 全日本学生自転車競技新人戦・西日本大会

に行ってきました、いわゆるひとつのトラックレースなんですけど。
カヴェンディッシュやウィギンスが結構マジにやってる「マディソン」とかがあるのがトラックレース、
いわゆるロードレースがマラソンだとすると、トラックレースは100mとか800mとか10000メートルとかのトラック競技だ。そのまんまだ。
道路じゃなくて楕円形で、カーブのところにバンクがついてるお椀みたいなコーストでやる競技。



ここは一周500mのトラックだ。最大カント(カーブのところの傾き)は26度。
カントのことをバンクって言っていいんですか?いいですよね?
こうしてバンクをつけることで速い速度で曲がりやすくするわけですね、、、。
種目によっては「一周250m(たしか)」とゆう超狭いコースで自転車がギャンギャン回ったりするらしい。ロードとは別世界やね、、、。



トラックではロードのタイムトライアルでよく見るディスクホイールが使われるんですけど、
僕はこういうディスクホイールが走ってるのははじめてみるので、ディスクホイール独特の
「ジャ、ジャ、ジャ(俗に言うカンチェ音)」というか
「ゴウンゴウンゴウン」みたいな音にどきどきした。
トラックという整ったコースでこんな音だから、普通の道路走ったらどんな音がするん…。



その競技自体を見てる人はまあ、「ゼロ」と言っておこう!たぶんゼロだ!
まあ学生スポーツやしね、、、。



トラックのレースって加工するとかっこよく見えますね、
僕はpicasaで出来る範囲ならガンガン加工しちゃう派ですが、
こういう記事に加工した写真を載せるのは流れ的にアレだけど、
まあカッコイイと思うからいいんだ

続きを読む >>
l カテゴリー:レースレポート! l

l 第45回 全日本学生自転車競技新人戦・西日本大会 l

1234|5|6